fc2ブログ

月兎耳生長開始!

およそ1ヶ月半ぶりの登場、ベンケイソウ科カランコエ属 月兎耳(ツキトジ Kalanchoe tomentosa)くんです。画像はクリックすると大きくなります。

生長開始月兎耳 生長開始月兎耳

前回の記事では気根が出て来たので鉢増ししたほうがいいと書いていますが、実生帝玉の植え替えに時間がかかり結局月兎耳には手が回りませんでした。すると今月8日の高い気温と低湿度の影響で、下葉が一気に枯れ出しました。水やりしても水を吸い上げられていない感じでした。それで先週12日にようやく植え替えました。どこに土があるのかというぐらい猛烈な根鉢になっていました。今回は丁寧に根を解し、水で良く洗い古土を一粒も残らないように洗いました。そして根はバッサリと切り詰めました。かなり切り詰めたので、今回も鉢は3.5号鉢にしました。下葉が枯れたところは気根が沢山出ていましたので、その部分まで土に埋めました。植え付けてからは35%の遮光下で管理していましたが、新芽が出てきましたので、根を張り生長し始めたようです!またこれまで左の株は脇芽が5ヶで右の株は4ヶでしたが、右の株にも新たに脇芽が出て5つになっていました。明日以降は陽射しもそれほど強くはなさそうなので、遮光を外し今まで通り直射光下で管理します。
以降の月兎耳の管理、育て方ですが、細かな産毛で覆われ自ら遮光していますので、兎に角1年中直射光下に置き、長い日照時間を与えます。光線が弱かったり、日照時間が短いと徒長し、直ぐに節間が伸びてしまいます。水はたいへん欲しがる品種で、水が不足したり根詰まりすると気根を出します。昨年の夏場はほとんど毎日水やりしていましたが、直射光で管理すれば節間も間延びせず我が家の月兎耳くんのように詰まった株になります。ただし我が家の株のように全周から脇芽が出てくると2日に1回ぐらいのペースで鉢を120度ずつ回してやらないと、家側に向いた陽の当たらない脇芽が縦に伸びやすいので、注意が必要です。植え替えは鉢底から根が出始めたら、厳冬期を除き早めに植え替えた方がいいようです。用土はあまり選びませんが、サボテン多肉用の軽い用土では本当に水やりが毎日になるので、草花用や観葉植物用ぐらいがいいかもしれません!


今日のこよみ
日の出    05:21
日の入    18:32
月の出    22:35
月の入    08:07
正午月齢   19.3
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア