fc2ブログ

2輪目の花芽が上がってきた紅帝玉

6日ぶりの登場、プレイオスピロス属 紅帝玉(Pleiospilos nelii .cv)くんです。ついに2輪目の花芽が上がってきました!画像はクリックすると大きくなります。

2輪目の花芽が上がってきた紅帝玉 2輪目の花芽が上がってきた紅帝玉

左の写真では分かり難いですが、寄ってかつ2輪目にピントを合わせた右の写真ならなんとか分かると思います。いやー良かった良かったです!何故良かったかというと、もし1輪だけならば、他の帝玉の中で赤に近い花と交配しないといけなかったからです。その場合この紅帝玉より早く開花したものの中からしか選べませんので、ノーマルな色しか選べないことも考えられます。またその場合実生しても本体そのものが赤みを帯びる可能性はかなり少なくなります。しかし紅帝玉が2輪開花してくれれば、同時開花でなくても、少なくとも2輪目には1輪目の花粉で交配することが出来るからです。それに1輪目と2輪目で開花の時間差はそれほどはないでしょうから、花粉の保存状態もかなり良いはずなので、2輪目はかなりの確率で受粉させられるからです。理想は2輪同時開花ですので、どうにか開花調整でもできないでしょうかねぇ?!

午後の帝玉やリトープスの定位置

こちらはメセン類の午後の定位置の写真です。ベランダ東端の最前列が最も長くまで陽が当たる場所です。それでも午後2時ぐらいまでです。今の季節は我が家の敷地内に2時以降陽が当たる場所はありません。3月中頃ぐらいになると、北西側の花台なら午後2時半から4時過ぎ頃まで陽が当たる様になるので、メセン達は移動させています。そうしないと帝玉くん達が開花してくれませんのでねぇ!開花しないわけでは無いのですが、陽が当たらなくなると閉じ始めるからです。そうすると全開もしてくれませんし、交配も出来ません。
この場所に置いて出かけて先ほど戻ってきたのですが、けっこう雪が降っていたようで、最前列のトレーにはかなり雪が積もっていました。実生苗はそろそろ水やりの予定だったので、先ほど水やりと雪の溶かしを兼ねてぬるま湯で水やりしました。冬の水やりは良く晴れたお昼前頃とか言われますが、私はそんなことは気にしていません。何故かというと帝玉やリトープスは昼間水をあまり吸い上げません。培養液栽培していると昼間はそれほど減らず、夜中から明け方にかけてかなり減っているからです。また実割れも必ず朝に見つかります。夕方ちゃんと確認していた株が朝になっていると実割れしているのです。この事からも夜間水を吸い上げて実割れするものと思っていました。ですから昼間よりも夕方ぐらいのほうがいいと思っています!たぶんCAM型光合成特有のものではないでしょうか?一般的なC3型光合成の観葉植物を培養液栽培するとかなり早い時間帯から水を吸い上げているのが分かります。だいたい日の出の一時間前ぐらいから水が減っていきますので、一般的な植物でも、日の出より前には水やりしておくほうが本来はいいはずです!!

午前中は雪が降ったり止んだりでしたが、お昼前から良く晴れ出しましたので、上述したようにベランダ最前列に出していったのですが、かなり雪が降った時間帯もあったようです!

今日のこよみ
日の出    06:57
日の入    17:24
月の出    14:20
月の入    03:43
正午月齢   10.6
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
フリーエリア