fc2ブログ

開花が始まったラウシー子株!

5日ぶりの登場、スルコレブチア属 ラウシー(Sulcorebutia rauschii)子株くんです。画像はクリックすると大きくなります。

開花が始まったラウシー子株!

前回の記事では「この感じからすると天候にもよりますが、1週間ぐらいで開花してくれそうです!」と書いていますが、予定よりやや早く5日で開花し始めました。1日目ですので小さいのは仕方ないのですが、さすがに2cmは小さすぎます。ですから少し早すぎたようです。ちゃんと明後日ぐらいから開花してくれれば、3cmぐらいでは開花出来たはずなのですが、残念です。右の花芽も気温が高ければ明日にも開花しそうです。我が家のラウシーの花は長くて3日しか開花してくれません。天気が良く気温が高い日が続けば2日で終わることもありますので、異株で開花が揃わせるには花芽の数がかなり多くないと難しいです。また何故か午後1時過ぎから閉じ始めますし、花粉の熟すのも2日目からですので、交配は割とチャンスが少ない品種です。しばらくは気温も高い日が続くので、親株もGW中には開花してくれそうです!

ラウシーの管理、育て方ですが、真夏以外は直射光下に置きなるべく長い日照時間を与えます。これまで4年近く育てた感じでは、真夏は30%程度の遮光が必要ですが、それ以外は無遮光下でOKです。ただしこの株はラウシーの最もノーマルなタイプですので陽射しにも強いみたいですが、紫ラウシーなどは本種より日焼けし易いそうなので、遮光はもう少し早い時期から必要かもしれません。通風は最も重要で、植え付けは必ず高植えの浅植えにすること、また壁際から離して置く、回りに大きな鉢を置かないようにするとか、工夫も必要です。根が大根ですので、水やりは1年を通して辛めでも大丈夫ですが、私は1週間から10日に1回ぐらいのペースで与えています。培養土は排水性が良ければそれほど気にすることはありません。百均の用土やHCの用土でも植え付けていますが、たいへん良く育っています。ダニがつきやすいので一ヶ月に一回程度の定期的な薬剤散布は必要です。薬剤の耐性を付けさせないためにも最低でも3種類以上を順番に使用しましょう!私はオルトラン粒剤、ベニカXファイン、テルスター、オルトラン液剤などを使用しています。

今日も気温は高く日陰でも29度まで上がっていました。でも午後からは陽射しが無く紫帝玉は開花しませんでした。ゴーヤの植え付けをしました

今日のこよみ
日の出    05:10
日の入    18:39
月の出    13:23
月の入    01:48
正午月齢   09.3
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
フリーエリア