青王丸と地久丸

およそ2週間ぶりの登場、パロディア属(旧ノトカクタス属)青王丸(セイオウマル Parodia ottonis ssp.ottonis)です。画像はクリックすると大きくなります。

開花目前の青王丸 花芽が上がって来た青王丸子株

左の親株は花芽が5ヶまでが膨らみ、2ヶは少し先端から花弁が見え始めましたので、開花目前です。株もかなり膨らみボリュームが出てきていました。現在3号鉢ですがかなりはみ出してきましたので、花が終われば植え替えます。我が家のノトカクタスの多くは花芽の先端から花弁が少し見え始めると2日程度で開花しますので、この感じだと5日金曜日あたりには1輪は開花してくれそうです。右の株は左の株と一緒に購入した株です。2012年夏に猛烈に日焼けさせ内部がほとんど炭の様になり、大きな空洞になっていた株です。その後は仔吹きばかりでなかなか大きくなってくれませんでしたが、やっと株径6cmほどにまで生長し、今年初めて花芽を上げて来てくれました!しかも7ヶ目の仔吹きも3cm近くにまで生長させながらですので、かなりパワーも付いてきたのだと思います!この株の掻き子も6cm程にまで生長していますが、そちらはまだ花芽は上がって来ていません。株径よりもまだ年齢が達していないのかもしれません。

生長した実生青王丸

こちらはおよそ3週間前に植え替えた、2013年9月実生苗です。少しですが生長し始めたようです。植え替えて以降かなり高い気温が続いたので、動きがほとんどありませんでしたが、新棘が出てきましたので、根もしっかり張ってくれたのだと思います。特にこれまで遮光下に置いてはいませんが、日焼けはしていないようです。ですが水切れさせたとたん2012年の様な事も起こりかねませんので、注意は必要です!

花芽膨らむ地久丸

地久丸(ちきゅうまる Parodia erinacea)です。前回登場時はまだほんの少ししか茶色い毛は見えていませんでしたが、はっきりと見える様になり、しかも徐々に花芽の形にまとまりつつあります。分かり難いですが3輪の花芽が上がって来ているようです。生長点付近のアレオーレの綿毛はたいへん多く生長点付近は見事に遮光され強い陽射しから守られているようです。ですがそれ以外の肌は剥き出しで、しかもやや青みを帯びた濃い緑色の肌ですので強光線にはやや弱そうな印象です。ですがここまでは特に日焼けによる変色もしていませんので、昨年より少なめの40%程度の遮光で十分な気がします。こちらは開花にはまだ一週間以上は必要と思われます。

明け方はかなり強い雨が降りました。トータルで50mm以上降ってくれましたので花壇などしっかりと水が行き渡ったようです。近畿地方も梅雨入りが発表されました。

今日のこよみ
日の出    04:44
日の入    19:07
月の出    19:33
月の入    05:12
正午月齢   15.9
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フリーエリア