開花が始まった青王丸!

一週間ぶりの登場、パロディア属(旧ノトカクタス属)青王丸(セイオウマル Parodia ottonis ssp.ottonis)です。画像はクリックすると大きくなります。

開花が始まった青王丸!

前回の予想では1輪目は5日頃に開花する言っていましたが、大きく外れ本日1、2輪目が同時に開花しました。まだ雌蕊が展開していませんが、明日以降しばらくはスカッと晴れる日が無いので、今日の記事にしました。青王丸は我が家のサボテンの中ではかなり良く晴れていないと全開してくれないサボテンの1つです。今年の様に開花時期が遅れると梅雨に入ってしまい全開が見られずに終わってしまう事もあるのが玉に瑕です。もう1株も花芽を膨らませてきていますが、こちらはまだ一週間から10日ぐらいはかかりそうです。我が家には青王丸の親株は2株ありますが、この写真の株はこれまで1株しか仔吹きしていません。しかしもう1株は仔吹き旺盛で、既に6株も仔吹きし、外した子株もやはり仔吹き旺盛になるようで、3、4cmぐらいから仔吹き出します。ですので仔吹きし易いタイプは今一生長が遅く開花球になるのもやや遅いようです。青王丸は自家受粉し結実しますので、株をあまり弱らせない様に結実は3年に1回程度に抑えるのがいいようです。実生苗も11株ありますし、子株も7株あり計20株ありますので、今年は結実させず早めに摘もうと思います。

以降の青王丸の管理、育て方ですが、最高気温が25度ぐらいまでは35%程度の遮光下に置き、長い日照時間を与えます。最高気温が30度を超えた当たりから、50~65%程度の遮光下に置き、やはり長い日照時間を与えます。青王丸は水切れさせると日焼けし株元が茶色くなりますので注意が必要です。旧ノトカクタス属に共通することですが、水は雨水もしくは弱酸性にした水道水を与えます。また生育期にはカリ肥料を多く与えます。こうすることで株元からの木質化(日焼けの茶膜とは異なります)を遅らせることが出来ます。

真夏日になりましたが、今一スカッと晴れませんでした。竜王丸が2輪同時開花していました。瑠璃鳥もポツポツと開花し続けています。花盛丸の開花が夕方から始まりました。昨日記事にした実生士童ですが、もう1つのポットの覆土していない種は全て発芽しましたので、発芽率は100%と言ってもいいでしょう!日の出が4時42分なりました。京都ではこの時刻が最も早い日の出になります!

今日のこよみ
日の出    04:42
日の入    19:10
月の出    00:11
月の入    12:21
正午月齢   22.9
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フリーエリア