花芽が上がって来たフライレア属士童

一週間ぶりの登場、フライレア属 士童 (シドウ Frailea castanea ssp.castanea)ですが、なんと1株にまた花芽が上がって来ました!画像はクリックすると大きくなります。

花芽が上がって来た士童

閉花で結実している2株を4月25日に洛西マルシェで購入したので、この株で花芽が上がって来たのを見るのは今回が初めてです。11時の方向に見えるのが花芽で、5時の方向のは結実が取れた跡です。左の小さい方の株には花芽は確認出来ません。空中湿度を高く保つことで士童は開花させられるようですので、今回はロホホラや海王丸達のコンテナに入れて開花させたいと思います。またこれまで我が家では2回花を見ていますが、いずれも開花した場合は結実しなかったので、少しでも疲れさせないためにも開花させたいと思っています。さて花は見られるでしょうか?!

生長し始めた実生士童 36本全てが発芽した実生士童

こちらは6月4日のお昼休みに播種して、ちょうど一週間が経ちました。右の写真は2日前の9日のものです。このポットは36本全てが発芽しています。種皮もポツポツと取れてきましたので、取れたのは除去しています。サムネイルでも分かるぐらい2日間でけっこう生長しているようです。色が気になるので、9日から室内に置いていますが変化は無いようです。

次々に発芽する実生士童 40本ほど発芽した実生士童

こちらは覆土の有り無し実験中のポットです、覆土無しの部分は36本全て発芽しました。覆土している部分は39本中28本発芽しています。ですから覆土無しの方が発芽が早いようです。ただし覆土すると、多くの苗で種皮が取れて出て来るので、後の生長は早いかもしれません。それとポットの縁に近い部分や特に隅の部分は表土の鹿沼土が少なめで、その分覆土がぶ厚くなっている感じもありますので、少し取り除いて方が良いかもしれません。でも種とバーミキュライトが区別付きにくいので取り除くのはけっこう難しいかも??2日前からペンタガーデン200倍をスポイトで1株に2、3滴ずつ与えていますが、特に問題は無さそうです。

翠晃冠が開花目前になってきていました。全斑だった銀冠玉錦についに葉緑素をもった部分が出て来ました、やったね!

今日のこよみ
日の出    04:42
日の入    19:11
月の出    00:49
月の入    13:26
正午月齢   23.9
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア