可憐な青王丸の花!

およそ3週間ぶりの登場、パロディア属(旧ノトカクタス属)青王丸(セイオウマル Parodia ottonis ssp.ottonis)です。写真は昨日25日のものです。画像はクリックすると大きくなります。

初開花の青王丸!

2011年10月24日に我が家にやって来た時は株径22mmほどの小さな苗でした。翌年7月の中頃に猛烈に日焼けさせ、内部が炭となりほぼ空洞のような状態になり、なんとか延命させたものの、生命の危機を感じてか、株を生長させるより、子孫を残そうと仔吹きばかりを繰り返してきました。今も4ヶ目の仔吹きをつけていますが、昨年あたりから本体も大きく生長して8cm近くとなり、たった1輪だけですが花芽を着けて、ついに開花となったのです!ですから3年前のあの状態からこんな可憐な花を咲かせてくれたので、たいへん嬉しいですねぇ!我が家のノトカクタス属は黄花が多いのですが、この青王丸の花弁の色は淡くやや透明感があり、そして雌蕊は真っ赤でそのコントラストが見事です。紅小町も雌蕊は赤いのですが、濃いマゼンタと言った感じで、この青王丸のような赤ではありません。ほんの僅かな違いかもしれませんが、私にはこの青王丸の花の方が可憐でたいへん美しく思えるのです!!青王丸は自家受粉して結実しますが、あまり負担をかけたくないので、あと一回開花すれば花芽を摘む予定です!

青王丸の管理、育て方ですが、最高気温が25度ぐらいまでは35%程度の遮光下に置き、長い日照時間を与えます。最高気温が30度を超えた当たりから、50~65%程度の遮光下に置き、やはり長い日照時間を与えます。青王丸は水切れさせると日焼けし株元が茶色くなりますので注意が必要です。旧ノトカクタス属に共通することですが、水は雨水もしくは弱酸性にした水道水を与えます。また生育期にはカリ肥料を多く与えます。こうすることで株元からの木質化(日焼けの茶膜とは異なります)を遅らせることが出来ます。

今日は朝からずっと雨で日照はゼロです。1時間当たりの雨量は少ないですが、コンスタントに降っているので、明日の朝までには50mmは越えそうです。

今日のこよみ
日の出    04:44
日の入    19:15
月の出    13:32
月の入    00:29
正午月齢   09.5
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フリーエリア