翠晃冠の花と見つかった黄鳴弦玉!

およそ2ヶ月ぶりの登場、ギムノカリキウム属 翠晃冠(スイコウカン Gymnocalycium anisitsii)くんです。画像はクリックすると大きくなります。

4輪目が開花した翠晃冠

だいぶ前からポツポツと開花しているのですが、天気の悪い日が多く、なかなか撮影するタイミングがなくて4輪目の開花が初となりました!今日も午前中は良く晴れていたのですが、撮影したお昼過ぎからは曇ってきて画像もこんな感じになってしまいました。今年は遮光無しの一階軒下でたいへんよく頑張ってくれています。

翠晃冠の管理、育て方ですが、かなり我が家の環境にも慣れ、現在は無遮光下に置いていますが、梅雨明け以降はさすがに無遮光下では厳しいので50~65%の遮光下に置いて管理します。またなるべく長い日照時間を与えるようにします。ギムノカリキウム属は割と肥料食いのものが多く、翠晃冠、緋花玉、麗蛇丸なども晩秋まではしっかり肥料を与えます。特に今の時期からはカリ肥料を多く与え、水は雨水か水道水の場合は必ずPh5.5ぐらいに調整した酸性水を与えます。晩秋まで健康的に生長させた株は、耐寒性も高く、たまにマイナス5度程度になる環境であれば変色もほとんどなく、また1ヶ月ぐらいの断水ではほとんど縮みもしませんでの、たいへん安心感があります!

10日ぶりに発見した黄鳴弦玉

こちらは7月2日に鳥に食われたと思っていた、柘榴玉系(ザクロギョクケイ)の黄鳴弦玉(キメイゲンギョク Lithops bromfieldii var.insularis 'Sulphurea' C362 )です。なんと一階のゴーヤのプランター脇に落ちていました。食われてはいませんが、くちばしで大きく穴を開けられて、しかも10日間も放置されていたので、シワシワです。4頭立ての1頭なので根はもちろん着いていません。10日間で根の部分は乾燥しているようですので、一応消毒用エタノールで殺菌して水に浸しておきました。6時間ほど経った先ほど見ましたが、まだ水は吸い上げてはいないようです。水を吸い上げられれば発根出来る可能性もあるので、なんとか水を吸い上げて欲しいですねぇ!

今日はこの夏の最高を記録し34.8度まで上がりました。日の当たっているベランダは軽く40度を超えていました。今日は多くの鉢の水やりをしました。陽射しがそれほど無くてもここまで気温が上がると温度焼けしますので、水やりはマストです!

今日のこよみ
日の出    04:52
日の入    19:13
月の出    01:35
月の入    15:33
正午月齢   25.5
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア