少し生長フライレア属 士童

単独では初登場、フライレア属 士童 (シドウ Frailea castanea ssp.castanea)です。5株ともアレオーレさんからの頂き物です!画像はクリックすると大きくなります。

フライレア属士童 フライレア属士童

我が家に来てから約2ヶ月経ち、少しだけですが生長していたようです!左の写真の2株は22mmが23mm、24mmが25mmになっていました。右の写真の3株は21mmが22mmに、19mmが20mmに、14mmが16mmになっていました。猛烈な暑さの中やや土中に沈み気味ですが、日焼けもダニの被害もなくここまでは大変順調に来たようです。7月下旬まではほとんど遮光していませんでしたが、日焼けも見られませんでしたので、かなり強光線にも強いようです。7月末からの連続する猛暑日になり65%の遮光下に置き管理してきましたが、今日のように曇りの時は遮光は外しています。

フライレア属士童 フライレア属士童

こちらは4月に洛西マルシェで購入した株です。6月18日の身体測定からちょうど2ヶ月経ちましたので、この株も計りました。22mmが23mmに23mmが24mmになっていましたので、土にかなり潜っている割には生長したようです!この子達も日焼けもダニの被害もなくうまく過ごせてきたようです!
8月までは一週間に一回程度の水やりでしたが、8月の猛暑日の連続する中では2、3日に一回たっぷりやって鉢内温度を下げたのも良かったと思います。また水やりが多かったのでダニの被害も出にくくなっているようです。そろそろオルトランも切れているので殺ダニ剤の散布が必要です。士童はロホホラと並びダニチェッカーの異名を持つほどダニが付きやすいので要注意です!特に小型種の士童はダニで枯れてしまうことも多々あるようです。株元などに茶色や赤、黄などの変色が見られたらダニにやられた跡です!ダニの被害はダニに吸血されてから1ヶ月半から2ヶ月半ぐらい後に出て来ますので、ダニを見つけ時には既に遅いのです!!ダニにやられた部分は葉緑素が無くなりますので一気に光合成量が減り、軟弱になり小型種では枯れやすくなるのです!!!

明け方にかなり強く雨が降ったようです。屋根の無い花台に置きっぱなしの2015年実生紅帝玉などには猛烈に雨が入っていました。腰水で10mm強しかなかった水位が60mm近くになっていましたので驚きました。

今日のこよみ
日の出    05:18
日の入    18:44
月の出    07:28
月の入    19:59
正午月齢   02.5
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フリーエリア