花芽が上がって来た白花黄紫勲

およそ1ヶ月半ぶりの登場、紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)です。画像はクリックすると大きくなります。

花芽が上がって来た白花黄紫勲 花芽が上がって来た白花黄紫勲

昨年より11日早く花芽が上がって来ました!しかも4分頭した小さな苗からです。ダブネリーも同じ様に4分頭した苗の小さい方から先に上がって来ていましたが、偶然なんでしょうか?!でも白花黄紫勲もダブネリーと同じで対の長さが25mmほどで開花株になるのが分かりました。ただ単頭でこの大きさなら開花株になるかはやや疑問が残ります。2014年の実生苗がありますが、現在15mmほどですので、上手く育てれば、来年開花株になる苗も出て来そうです?!右の写真は4頭立ての全体像ですが、植え替えてもいませんので、脱皮した旧皮は側面付近に残ったままです。旧皮を剥がす人もおられるようですが、頭から液肥や水を与えても、直射光で栽培している限りカビが生えたり、このあたりから腐ったりすることはありません。逆に外してしまうと強い夏の陽射しに、頂面よりもはるかに弱い側面が耐えられなくなり枯れていまいます。ですから外すのであれば今ぐらいの時期がいいかと思います。私は植え替え時に勝手に外れない限り外しません。

以降の白花黄紫勲の管理、育て方ですが、今まで通り直射光下に置き長い日照時間を与えます。陽射しが弱くなってきていますので日照時間の不足は花芽が上がらなかったり、開花しなかったりしやすくなりますので要注意です。またどんな植物でも開花から結実は最もエネルギーを使います。1年のエネルギーの内、7割以上も使うとも言われていますので、日照時間の確保と水やり、肥料切れが無い様に注意します!十分に日照を与えて健康的に育てた株は耐寒性も大変高く、寒風吹きさらしでマイナス5度以下まで下がるベランダでも、へっちゃらです!

次々と花を咲かせるオキザリス属パルマーピンク

こちらは10月5日から開花が始まった、オキザリス属 パルマー・ピンク(Oxalis Palmar Pink)です。次々と花を咲かせています。本日は15輪の開花となりました。鉢を埋め尽くすぐらいの満開の花を期待したいですが、なにせ16球しか植え付けていないので、今年はちょっと無理でしょう!

赤く色づき始めた南天にもうヒヨドリが現れて次々に食っていきます。最近は撓わに実った赤い実を見る事が出来ません!

今日のこよみ
日の出    06:00
日の入    17:26
月の出    05:58
月の入    17:39
正午月齢   00.1
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア