生き残りの少ない2014年夏実生サボテンの植え替え

2014年夏実生のサボテンの中から本数の少ない苗を植え替えてまとめました!9月の終わりぐらいにしたかったのですが、なかなか時間がとれず10月下旬の植え替えになってしまいました。でもなんとか活着して生長し始めたたのも出て来ましたので、ご紹介します。画像はクリックすると大きくなります。

2014年夏実生のサボテン達!

こちらは黄雪晃(きせっこう Parodia haselbergii ssp.graessneri)と金洋丸(きんようまる Mammillaria marksiana)と猩々丸(しょうじょうまる Mammillaria spinosissima)です。黄雪晃は7月20日の記事で11本と書いていますが、そのうち2本は赤棘が出てきて青王丸と判明し9本になりました。その9本を植え替えたのがこのポットなのですが、そのうち3本が一気に生長し黄雪晃では無いことが判明しました。赤棘の出た右上の苗が猩々丸で、左下の2本が金洋丸です。元々青王丸と黄雪晃を播種した鉢だったのですが、採種したときにこぼれていた種子などを開いているところに適当に蒔いたりしているので、こんな事が起こるのです。でも猩々丸は何本も実生があるので今更と言ったところですが、金洋丸はこれまで発芽率も悪く生長した苗は1つもありませんでしたので、これはたいへんラッキーです。3週間前に植え替えた時は9本ほとんど大きさの差はありませんでしたが、さすがにマミラリアです。あっという間に差が付きました!

2014年夏実生のサボテン達!

こちらは地久丸(ちきゅうまる Parodia erinacea)と瑠璃兜系と海王丸(カイオウマル Gymnocalycium denudatum)です。地久丸はもう1つのポットに16本植えていますので、この8本を入れて24本残っています。でも上から2列目の右から2番目の子は変色し縮んできましたので、活着しなかったようです。瑠璃兜系も16本ありましたが、真夏の直射光で12本が枯れてしまい残ったのは4本だけです。でも左端の1本は生長点が死んで2段になっていますし、その右や、右端の株は少し縮んできた感じですので、2本しか残らないかもしれません。一番下は海王丸ですが、この子達も5本あったのですが3本になりました。でも3本は活着し生長し始めましたので、なんとかなる気がします。サボテンの実生も少しは育つようになってきましたが、品種により遮光率がかなり違ったりするのがけっこう面倒です。ちょっと気を抜けば日焼けで大半を干からびさせたりするので、このようになかなか数がでてくれません。

今日も良く晴れましたが、気温は上がらずかなり肌寒かったです。オキザリスのパルマーピンクもそろそろ花が終わりそうです。玉扇はまだまだ開花中です!!

今日のこよみ
日の出    06:28
日の入    16:54
月の出    06:35
月の入    17:28
正午月齢   00.4
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

早速有難うございました。

子吹きした象牙丸や海王丸等々は親株である程度大きくしてから植えるので、寒くなってもベランダで何とか大丈夫なんですが、実生の小さいのはやはり取り込んだほうが無難なんですね。

この兜の6本は南向きの部屋で冬越しさせようと思います。

そろそろ夜間はベランダの棚4個にビニール(テーブル用の量り売りの)を巻いてやらなければ。
4年程前の冬に朝、天井面のビニールを外すのを忘れて仕事に出てしまい、その日に限ってやたら温かくて30鉢ほど蒸らしてダメにしてしまった事があるので、冬場はけっこうドキドキです。

本当に有難うございました。
これからも宜しくお願い致します。    レオリオ

Re: No title

レオリオさん こんばんは cometです。

いつもコメントありがとうございます。

私はまだ2cm未満の2苗と、この実生苗しか育てておりません。ですからアドバイスと言うほどではありませんが、昨年の経験からすると2cmぐらいまでは寒さに晒さない方が良いと思います。乾燥気味に管理するとやはり変色しやすく、春以降の生育もスムーズにいきません。ですから陽当たりの良い室内での管理が無難と思います。我が家でも、冬場陽当たりが良く、実生トレーを置ける場所のある部屋があれば、サボテンの実生苗は室内で育てたいのですが、そんな部屋が無いので、仕方なく厳しい冬越しをさせています。ただ夜間は実生苗だけは室内に取り込んでいます。

No title

こんばんはレオリオです。

いつも質問ばかりで申し訳ありません。


2014年夏実生の兜の苗なのですが、30本ぐらいのうち夏の日差しで枯れて(溶けて)しまい、今は6本生き残っています。
去年の冬は室内でスタンドの光を当てたり、晴れた日の日中・・・・仕事が休みの日だけですが・・・日光浴させてやったりして越しましたが、今5~6mmの物はやはりまだ冬の間は室内に入れた方がいいでしょうか?

他のサボテンは南向きのベランダの棚にビニールカバーをかけて出しっぱなしです。

何本かは何とか大きく育てたいのでご教授下さい。
宜しくお願いします。
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
フリーエリア