結実した白花黄紫勲

およそ5週間ぶりの登場、紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)です。画像はクリックすると大きくなります。

結実した白花黄紫勲 結実した白花黄紫勲

左の4頭立ては10月17日から開花が始まりましたが、右の2頭立てのほうは1週間遅れて開花が始まりました。そのため右の株の花粉での左の4頭立てとの交配のタイミングがうまくあわず、なかなか閉花してくれませんでした。逆の交配は保存していた左の花粉で行いました。すると直ぐに閉花し写真でも分かる様に結実したようです。4頭立てのほうは花がらがかなり小さかったので、駄目かと思っていたのですが、左の写真の様になんとか3頭は結実したようです。4頭立ての結実はどれもかなり小さそうなので、種子数は少なくなりそうです。でも昨年の実生苗が100本以上あるのにまだ蒔くつもりかと聞かれると、さてどうするかな?と言ったところです。結実は4月中頃~5月初め頃には完熟します。

以降の白花黄紫勲の管理、育て方ですが、今まで通り直射光下に置き長い日照時間を与えます。リトープスは頂面から入った光で内部にある葉緑素で光合成をしますので、鉢の縁などで陰になるような植え付けでは日照不足になりますので、要注意です。開花だけでもかなりのエネルギーが必要で小さな株の場合枯れてしまうこともあります。ましてや結実にはさらに多くのエネルギーを必要としますので、水も肥料もしっかりと与えます。耐寒性は元々高いのですが、我が家の様に頂面付近まで用土を入れ側面を覆っておくとさらに耐寒性は高くなります。我が家のベランダは毎年マイナス5度前後まで下がりますが、全く問題はありません。

今日は大変良く晴れて9時間ほどの日照時間がありました。下のこよみの日の出と日の入りの時間からすると昼間の時間はほぼ10時間になりますが、日の出と日の入りの30分ほどは山などの影響で日照はありません。ですから9時間というのはこの時期としては最も良く晴れていたと言うことになります。松の剪定をしました。今年は猛烈に葉が増えていて、まだ1/3しか終わっていないにのに、ゴミ袋5ヶも出ました。

今日のこよみ
日の出    06:45
日の入    16:46
月の出    21:10
月の入    10:13
正午月齢   18.4
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
フリーエリア