花芽が上がって来た月宮殿と3輪同時開花の内裏玉

およそ4ヶ月ぶりの登場、マミロプシス属 月宮殿(げっきゅうでん Mamilopsis senilis)です。マミロプシス属ですが、最近ではマミラリアに統合されている場合も多いので、このブログではマミラリアのカテゴリーにしています。画像はクリックすると大きくなります。

花芽が上がって来た月宮殿 花芽が上がって来た月宮殿

前回の記事では13ヶ目の仔吹きが出て来たことをお伝えしました。その仔吹きも少しずつではありますが、生長してけっこう離れたところからでも見える様になりました。右の写真の大きな仔吹きは一番最初に子吹いた子株です。この仔吹きも来年ぐらいには着花できるサイズになりそうです。でも今年の花がらは簡単に取れましたが、2014年4月に開花した花がらが残っています。結実しているみたいですが、飛び出してもきませんし引っ張っても全く取れません。そして雨に当たるたびに棘が汚れるので困っています。

花芽が上がって来た月宮殿

そしてタイトルにありますように、花芽が上がって来ました。一応2ヶ確認出来ました。この株は2013年2月に本体35mmほどのサイズのものを購入しました。そしてその年の12月31日に花芽が確認出来ました。翌シーズンは2015年2月12日に花芽が確認出来ました。ですから、我が家の環境では年明け以降になるのがたぶん普通だと思っていましたが、今シーズンは異常に早く上がって来ましたので、たいへん驚いています。これだけ仔吹きを付けて生長させているのですから、花芽は遅れがちになるのが普通ですからねぇ!でも開花は花芽確認時期に早い遅いに関係なくこれまでは4月なってからなので、今シーズンもそんな感じになると思います!!

開花中の内裏玉

こちらはおよそ2週間ぶりの内裏玉(だいりぎょく Mammillaria haageana)子株です。左の株は11月18日から開花が始まりました。1輪目は終了しましたが、2~4輪目で3輪同時開花していました。内裏玉の1輪の開花日数は春は2、3日程度ですが、気温が低いせいで花保ちも4、5日になっているので、同時開花しやすいですが、さすがに気温が低いので次から次へと開花することは難しいので、3輪同時開花は立派です。そして本日からもう1株も開花が始まりました!でも大株は花芽の気配すらありませんので、こちらはいつも通り3月頃になりそうです。

今日も朝から良く晴れましたが、風は大変強く、気温も上がらず寒かったです。

今日のこよみ
日の出    06:49
日の入    16:45
月の出    00:50
月の入    13:10
正午月齢   23.4
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
フリーエリア