次々と花芽を上げて来た実生帝玉!

前回水やりした12月12日以降、特にここ1週間ほどは日照が少なかったこともあり油断していたら、外葉がかなり柔らかくなっていましたので、昨日と本日で2013年と2014年の夏実生等8トレーに水やりを兼ねて薄い液肥を与えました!ただし右の写真の右上のトレーは2015年夏実生の赤花系帝玉です。画像はクリックすると大きくなります。

次々に花芽を上げて来た実生帝玉! 次々に花芽を上げて来た実生帝玉!

昨日水やりし始めたら、シュワーと言う音と伴に微粉が舞い上がりましたので、予想以上に乾いていたようです。ですから水やりはベランダでは無く一階まで持って行き、軽めでは無くたっぷりと株を洗うように水をかけました。左の写真は本日水やりしたもので、サムネイルでは分かりませんが、拡大画像だと新芽に水が溜まっているのが分かると思います。薄い液肥はいつものように400倍のペンタガーデンです。この写真の7トレーは以前紹介したようにこの春花を期待している株ですが、タイトル通り新芽の合着部が開き、花芽が次々と上がってくるのがまだ20本ほどですが確認出来ました。花芽は大きい個体からと言うわけでは無く、新芽の生長が早い苗から上がって来ます。ですから8cmの個体でも新芽がまだ半分ぐらいしか出ていないものはまだ花芽が上がって来ていません。ですが4cmほどのものでも新芽が幅と同じぐらいまでになっている個体には花芽が上がって来ているのです。まあかなり小さい苗は花芽では無く3対目の新芽を上げて来ているのもいくつかあります。新芽を生長させるにはやはり水やりです。帝玉はリトープスなどと違い一対の状態が安定した状態ではありません。ですから新芽を生長させるには古葉の栄養を使わすのでは無く新たに水や肥料を吸い上げさせて、新芽を大きくするのが正しい育て方だと思っています。と言うことで昨日と本日で水やりをしたわけです!天気予報だと28日以降最低気温が0度近い日が続いていますが、この程度ではなんら問題はありません。

今日は朝から夕方まで良く晴れました。帝玉の成株すべてに花芽が上がって来ました。新規の分頭苗は時間がかかると思っていましたが、さすがに株が大きいので、外葉の大きさに対して新芽がそれほど大きくなくても新芽そのものが6cmぐらいはあるので十分花芽を上げられるようです。

今日のこよみ
日の出    07:03
日の入    16:52
月の出    17:55
月の入    07:12
正午月齢   14.7
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

Re: これから参考にさせていただきます。

pinさん 初めまして cometです。

コメントありがとうございます。

帝玉は1年を通じて長い日照時間が得られる場所で管理すれば大変育てやすい品種ですので、頑張って栽培して下さい。

何かありましたら、いつでもお気軽にコメントしてください!
少し時間がかかるかもしれませんが、答えられる範囲で答えさせていただきます!

これから参考にさせていただきます。

 はじめまして。
 つい最近、帝玉の形状に魅せられ、栽培し始めました。
 その際、幾つかのHow to 物を読み実践していました。
 今回、御氏の飼育ブログを見させていただいて、
 市販本のとおりではいけないとのことで、私も実践してみようと思います。
 
 ブログをずっと読ませていただいて、いろいろ試行錯誤されており、
 私もとても興味深く読ませていただきました。
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア