脱皮順調実生白花黄紫勲

およそ1ヶ月ぶりの登場、2014年夏実生の紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)です。画像はクリックすると大きくなります。

脱皮順調実生白花黄紫勲 脱皮順調実生白花黄紫勲

前回脱皮が始まった事をお伝えしましたが、脱皮完了の苗も出て来ました。左の写真の前回も登場した手前の苗は脱皮完了しました。また右の写真のオレンジっぽい苗も旧皮がかなり薄くなっているので、ほぼ完了です。1ポットに15本から16本ありますが、だいたい45%~55%程度は合着部が開き、新芽が確認出来ます。

脱皮順調実生白花黄紫勲 脱皮順調実生白花黄紫勲

こちらにもあまり良い脱皮状況じゃないのもいますが、新芽が確認出来たのが60%ほどありました。ダニにやられたり日焼けした苗も多いので、早く脱皮完了して綺麗な顔を見たいものです!7ポットで95本残っていますが、脱皮が終了すれば植え替えと選別を行いたいと思います。選別は窓の模様と全体の色で行うつもりです。窓の模様は形では無く面積で行うつもりです。植え替えは現在1ポット16本ですが、このポットのままなら9本植えに、10cm角ポットにして16本植えのどちらかにするつもりです。リトープスは小さくても直根性が強いので、10cm角ポットのほうがいいかもしれませんねぇ!

実生1年半の白花黄紫勲の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き長い日照時間を与えます。気温もまだかなり低いですし、脱皮開始ということで水やりはこれまでよりはかなり控えますが、完全断水はしません。小さな鉢で、保水力の少ない用土を少量しか使わない栽培環境では2週間も断水すれば、鉢底までカラカラに乾き、根が干からびてしまいます。水を吸えない根なんてあっても意味がありませんので、根が干からびない最低限度の水やりも必要だと考えています。ですからこの時期は表土からたっぷりと水やりする必要は無く、鉢の下から1/4~1/3程度をバケツに張った水に数秒間浸し引き上げるというような腰水で与えています。

午前中は良く晴れていましたが、午後からは曇り全く日照ありませんでした。明日はまたマイナス予報ですので、先日冷害を受けた多肉などは納屋に入れました。

今日のこよみ
日の出    06:56
日の入    17:26
月の出    00:58
月の入    11:56
正午月齢   23.1
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フリーエリア