4輪目の花芽が上がって来た精巧殿

9日ぶりの登場、ツルビニカルプス属 精巧殿(せいこうでん turbinicarpus pseudopectinatus)です。前回の記事で花芽もかなり膨らみ直径5mm、長さ8mmほどになりましたと書いていましたが、その後ピタッと生長が止まっていました。画像はクリックすると大きくなります。

4輪目の花芽が上がって来た精巧殿

水不足なのかなと鉢を持って眺めていると、なんと4輪目の花芽が上がって来ていました。サムネイルじゃよく分かりませんが、拡大画像だと4輪目の先端が生長点から少し出ているのが分かります。ですから水切れと言うより4輪目を上げていたので、1~3輪目までの生長が止まっていたようです。この写真では分かりませんが、後ろのチビ苗の花芽もかなり膨らんできてはいますが、3輪の花とは開花が少しずれそうです。でもこの4輪目となら良い感じで同時開花できそうですので、うまく同時開花出来れば、チビ苗の花粉でこちらの4輪目と交配しようかなと思います。さすがにチビ苗に結実させるのはかなり厳しい気がしますからねぇ!

自生地はメキシコ合衆国 タマウリパス州 ヌエボ・レオン州などで北緯22度から25度、標高1400mmから1900mで岩などの多い草原などに生息しています。 1年の平均最高気温は20~28度、平均最低気温は6~14度とたいへん温暖な気候です。年間降水量は400mm程度のようですが、雨季乾季がはっきりしているわけでは無く、少ない月でも10mm程度、月に2日程度の降雨があるようです。大きさは株径4cm、高さ3cm程度で、根は株より大きな塊根になるようです。実生2、3年、株径たった1.5cmほどで開花株になり、花径は4cm程度で花色は花弁にピンクのストライブがあり花弁全体は白からマゼンタ系と色々あるようです。国際自然保護連合カテゴリー絶滅危惧II類(VU)に指定されている絶滅危惧種です。

今朝のベランダの最低気温はマイナス0.9度でした。しかし夜の内に雪が薄らと積もりそれがカチカチに凍っていました。ベランダの帝玉達の中にもいくつか凍ったところが真っ青になっているのがいましたが、陽射しで元に戻ったようです。また最低気温はそれほど低くはありませんでしたが、風が強かったせいか、1階の植木鉢や花壇には猛烈に霜柱が立っていました。明日はマイナス3度の予報が出ていますので、エアキャップを1階、2階ベランダ全てに掛けました。

今日のこよみ
日の出    06:26
日の入    17:53
月の出    --:--
月の入    10:32
正午月齢   21.5
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
フリーエリア