新芽生長アルギロデルマ属金鈴

およそ3週間ぶりの登場、アルギロデルマ属 金鈴(キンレイ Argyroderma delaetii)です。画像はクリックすると大きくなります。

新芽がだいぶ生長した金鈴

前回は花芽の脇にかろうじて新芽が確認出来るぐらいでしたが、この3週間で大きく生長しました。ただ花がらが固いせいか片葉が少し圧迫されていて形が悪くなってきました。閉花後1ヶ月半経ちますので、もう枯れるか、もっと柔らかくなってもいいはずなんですがなりません。もしかしたら少しは結実しているのかもしれませんねぇ?!まあでも新芽は順調に大きくなっているので、このペースなら1ヶ月後には古葉はほぼ枯れると思います。

金鈴の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き、長い日照時間を与えます。たいへん実割れしやすい品種ですので、実割れに注意しながら、7~10日に1回程度で軽めの水やりをしています。軽めの水やりと書いていますが、バケツに張った水に鉢底から2、3cm水に浸けて、5秒ほどで引き上げて鉢底から水を与えています。これぐらいだと鉢の下半分程度がしっとりとするぐらいになります。

水やりした実生白花黄紫勲

こちらは昨日植え付けた、2014年夏実生の紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)です。お昼前にたっぷりと水やりしました。リトープスや帝玉は水やりしないと発根しませんので、植え付けたらしっかり水やりすることが重要です。ただし太い木質化した部分をカットしている場合などは、殺菌剤を散布して1日乾かしてから植え付け、さらに1日経ってから与えるぐらいがいいかもしれません。気温にもよりますが発根には1週間程度はかかりますので、その間は水切れしないように注意が必要です。

今日は終日曇りでほとんど陽射しはありませんでした。ですが帝玉の成株は8分咲きぐらいまで開花しました。ただ実生苗の方は半開程度でした。3日連続で20度前後まで上がり、昨年実生の兜系など一部が日焼けしました!

今日のこよみ
日の出    06:20
日の入    17:57
月の出    04:00
月の入    14:52
正午月齢   26.5
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア