満月と月宮殿

およそ5週間ぶりの登場、マミラリア属 満月(まんげつ Mammillaria candida var estanzuelensis)子株です。画像はクリックすると大きくなります。

花芽膨らむ満月子株

サムネイルでも8ヶまでは花芽が数えられるぐらい膨らんできました。今のところ14ヶまで上がって来ていて、このサイズですので同時開花すれば花輪が繋がる数です。昨年初めて開花球になった時はたった1輪でした。しかも桜月と交配して1つ結実を作ったのに、今年は疲れも見せず、頑張っているようです。

満月の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き長い日照時間を与えます。白刺で自ら遮光しているので、陽射しが弱かったり、日照時間が短いと徒長します。向日性もあるので縦に伸び出したら冬場は週に2回程度は鉢回しをしたほうが良いでしょう。もし後ろに壁がある場合は白に塗っておくと鉢回しの回数を減らせます。花芽を次々に上げて来ていますので、水切れや肥料切れしないようにしましょう!この株は2月上旬に植え替えたので肥料切れの心配は必要ありませんが、1年以上植え替えていないような場合は、薄目の液肥などを月に一回程度は与えたほうが良いでしょう!

2輪目が開き始めた月宮殿

一昨日から開花が始まった、マミロプシス属 月宮殿(げっきゅうでん Mamilopsis senilis)です。マミロプシス属ですが、最近ではマミラリアに統合されている場合も多いので、このブログではマミラリアにしています。月繋がりと言うことで登場してもらいました。2輪目の先端が開き始めました。3輪目4輪目も花芽がかなり伸びて来ていますので、前回の予想通り29日か30日には4輪目まで開花してくれるでしょう!

月宮殿の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き、長い日照時間を与えます。白棘で自ら遮光しているので、遮光はほとんどの場合必要ありません。するにしても夏場の西日を50%遮光で十分です。通風は大変重要で、吊り鉢にするのも有効です。水やりは1年を通じて辛めで、水やり大好きな私でも生育期で月に1、2回程度です。また花芽を上げている時、水やりが多いと開花し難いようですので、水やりはさらに控えます。用土は排水性の良い用土であれば今のところ特に問題はありません。鉢は浅鉢でなるべく厚手の白のプラ鉢がいいかと思います。

お昼過ぎまでは良く晴れて、帝玉も開花し始めていましたが、14時頃から空が暗くなり、気温も下がってきたので帝玉達は閉じてしまいました。全開は見られませんでしたが、実生苗は51輪開花させていました。

今日のこよみ
日の出    05:51
日の入    18:14
月の出    21:35
月の入    07:54
正午月齢   18.0
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア