花芽膨らむ雪晃子株

およそ10ヶ月ぶりの登場、パロディア属(旧ブラジリカクタス属) 雪晃(せっこう Parodia haselbergii )子株達です!画像はクリックすると大きくなります。

花芽膨らむ雪晃子株! 11輪同時開花の雪晃子株!

11ヶの花芽もだいぶ膨らんできていました。右の写真は2015年5月3日に11輪の同時開花した時のものですが、今年も同じ数だけ花芽を上げて来ていますので、見事な咲きっぷりが期待出来そうです!ただ株径は65mmと一回り大きくなっていますので昨年のように株が見えなくなるまでといかないでしょう!

花芽膨らむ雪晃子株! 全開の雪晃孫株!

こちらは上の株の仔吹きを掻き子したものです。右の写真は2015年5月14日のものです。昨年開花球になりました。今年も2輪花芽を上げて来ています。割と大きくなっているので、昨年よりは早く開花してくれそうです。昨年は開花後自家受粉させないように直ぐに花を摘みましたので、疲労させなかったのが良かったようです。株径も少し増え45mmになりました!

雪晃の管理、育て方ですが、直射光下に置き長い日照時間を与えます。最高気温が25度を超えた当たりから35%程度の遮光下に置き管理します。連日30度を超えれば50~65%程度の遮光を行います。ただし日照時間はなるべく長く与えます。日照時間が短いと徒長し易くなりますし花数も減るようです。水やりは1年を通じてコンスタントに与えます。冬場もあまり断水せず月に2回程度軽めの水やりをします。肥料は微量元素までしっかりと入った物を使用します。私はいつものようにたい肥などにハイグリーンを少量追加しています。また水は弱酸性の水や雨水を必ず使います。少しアルカリ性に傾いた水道水は向いていません。水道水を使う場合は、用土を他のものより酸性にしたものを用います。Ph調整にはPh4.0前後の所謂無調整ピートモスが便利です。またダニが付きやすいですが、細かな毛で覆われており確認しづらいので、定期的な薬剤散布した方が良いと思います。気がつけば肌が真っ白になっている事もありますので、要注意です!細かな毛で覆われているせいか耐寒性も以外とあり無防風の1階軒下でマイナス5度程度までは平気なようです。ただし水やり後マイナス予報が出ていれば室内に取り込んだ方が安全です。

今日はお昼前から雨が降ったり止んだりの天気でした。ベランダ最前列のトレーにはけっこう雨が入っていました。

今日のこよみ
日の出    05:49
日の入    18:15
月の出    22:28
月の入    08:31
正午月齢   19.0
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フリーエリア