脱皮完了グローエンドライエンシスと白花黄紫勲

6日ぶりの登場、紫勲系(シクンケイ)の分頭白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)と曲玉系(マガタマケイ)Lithops pseudotruncatella subsp.groendrayensis C246 グローエンドライエンシスですが、脱皮がほぼ終了しました!画像はクリックすると大きくなります。

脱皮完了グローエンドライエンシスと白花黄紫勲 分頭して5頭立てになりつつある白花黄紫勲

昨年の今頃はグローエンドライエンシスで脱皮50%程度、白花黄紫勲は脱皮開始といったところでしたのでかなり早く脱皮終了となりました。右の4頭苗の白花黄紫勲も脱皮は大変順調です。そして本日よく見てみたら手前左の苗が分頭していました。右奥の苗も大きかったのですが、こちらは分頭していないようですので、これでこの株は5頭立てとなりました!群生していくと頂面の傾きがバラバラになるのと、高さも差が出て来ますので、太陽高度の低い日本ではかなり小まめに鉢回しをしないといけなくなるので、管理が難しくなってきます。

分頭して5頭立てになりつつあるダブネリー 分頭して5頭立てになりつつあるダブネリー

こちらも6日ぶりの登場、富貴玉系(フッキギョクケイ)のダブネリー(Lithops hookeri var.dabneri C013)です。この6日間で脱皮もだいぶ進行しているようです。昨年同時期はやはり脱皮が始まったばかりでしたので、今シーズンはかなり早く終わりそうです。そして左奥の苗はどうやら分頭しているようです。よって撮影したのが右の写真です。花がらの右奥に分頭苗が少し見えます。もう1つの大きめの苗は分頭するなら花がらの左側に分頭しているはずですが、かなり残りが小さいので、たぶん分頭していないと思います。ですからこちらも上の白花黄紫勲と同じで5頭立てになりそうです。
5日前に水やりしましたが、上の苗と同様、トップレッド、黄鳴弦玉、紫李夫人、日輪玉も脱皮は順調です。脱皮中完全断水するよりも、10日~2週間に1回程度水やりした方が脱皮の進行が早くなる気がします。断水期間が長すぎると古葉の体液濃度も高くなり、浸透圧で新芽に体液が移動できなくなるのではないでしょうか?!

今日は朝から雨が降ったり止んだりの天気で日照はありませんでした。

今日のこよみ
日の出    05:44
日の入    18:18
月の出    01:03
月の入    11:37
正午月齢   23.0
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア