脱皮順調日輪玉と共通する斑点

10日ぶりの登場、日輪玉系(ニチリンギョクケイ)の日輪玉(Lithops.aucampiae subsp.aucampiae var.aucampiae)です。画像はクリックすると大きくなります。

脱皮順調日輪玉 日輪玉の斑点

脱皮も順調で1ヶはほぼ終了、2ヶもあと2週間ぐらいでほぼ終了すると思います。ただこの2ヶの脱皮は良い脱皮と悪い脱皮の見本です。右手前の苗は旧皮と新芽の隙間を塞ぐように、旧皮が薄く伸びていますが、奥の苗は新芽が急激に大きくなり旧皮が割れてしまって、新芽と旧皮の間が塞がれていません。特に矢印の部分は隙間がけっこうあります。こうなるとダニに侵入されて新芽がやられるのです。このように急激に新芽が生長するのは水やりがやや多いのが原因です。かといって断水し過ぎると今度は脱皮がかなり遅くなりますし、脱皮後ほとんど大きくなっていなかったり、脱皮前より小さかったりするので、このへんの水加減が難しいところです。右の写真は脱皮がほぼ終わった手前左の苗の旧皮ですが、斑点があります。通常透明点にあるのでかなり分かり難いのですが、枯れてくるとよく分かります。そしてこの斑点は帝玉の斑点ともたいへんよく似ています。

ダブネリーの斑点 黄鳴弦玉の斑点

こちらはダブネリーと黄鳴弦玉ですが、やはり旧皮が枯れてくると斑点が目立ってきます。他にも白花黄紫勲、茶福来玉、トップレッドSSなどにもありますし、グローエンドライエンシスにも少ないですがあります。紫李夫人は今年が初めてでまだ斑点が確認出来るほど旧皮が枯れていませんので、分かりませんが、たぶんあるのではないかと思います。でもこの斑点の役割は何なんでしょうかねぇ?!それと帝玉にもありますが、もしかしたら共通の種から、遙か昔に分かれたのかもしれませんねぇ!こんな風に考えるのは私だけでしょうか?!!

午前中は曇りがちでしたが、午後2時過ぎ頃からはたいへん良く晴れて、一部の帝玉が開花していました!明日はさらに良く晴れ気温も上がる予報なので、12トレー144ポットの帝玉やリトープス達に水やりしました!
ドル円が下がりましたねぇ、今の日米の実質金利差からすると105円当たりまで下がる可能性もありますねぇ!

今日のこよみ
日の出    05:38
日の入    18:22
月の出    04:03
月の入    15:48
正午月齢   27.0
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フリーエリア