生長した日輪玉

およそ6週間ぶりの登場、日輪玉系(ニチリンギョクケイ)の日輪玉(Lithops.aucampiae subsp.aucampiae var.aucampiae)です。右の写真は5月24日のものです。画像はクリックすると大きくなります。

生長した日輪玉 日輪玉

写真でも見ても株間が詰まっていますし、下の2ヶは一部ぶつかるまでになっていますので、生長しているのがはっきり分かります。サイズは5月24日時点で長辺で36mm~40mmほどでしたが、現在は39mm~42mmほどになっていました。気温もかなり高くなってきましたので、生長は若干鈍りますが、秋までにはもう少し大きくなると思います。ただぶつかり合うと縦に伸び始めたりしますし、植え替えて丸2年経ちますので、植え替えた方がいいかもしれません!

日輪玉の自生地は南アフリカ共和国、北ケープ州、クルマン(Kuruman)、フライバーグ(Vryburg)、ニーケルクスフープ(NieKerkshoop)を結んだ大三角地帯で主産地はポストマスバーグ(Postmasburg)です。緯度は南緯28度前後ですので、京都よりは7度も太陽高度が高く、標高も1300m近辺ですので、陽射しははるかに強いようです。年間の降水量は120mm~250mm程度のようで、主に春から秋に雨が降る地域です。

日輪玉の管理、育て方ですが、今まで通り直射光下に置き長い日照時間を与えます。頂面だけを表土から出すように植え付けていると、真夏の直射光下でも日焼けしませんので遮光は必要ありません。春から秋の水やりは鉢の上から半分程度乾いたら与えています。ただし連日35度を超えるような時は、1日3回程度の霧吹きなどを行っています。また梅雨で日照不足が心配なときは、カリ肥料やペンタガーデンなどを施します。水だけ与えていると逆に徒長し易くなりますので要注意です!

今日は猛暑日となりました。最低気温も2日続けて25度を超え熱帯夜となりました。原因は分かりませんが、2016年の実生の海王丸の2/3ほどが真っ黒になり溶けましたので、残った苗をとりあえず植え替えました。

今日のこよみ
日の出    04:48
日の入    19:15
月の出    04:31
月の入    18:49
正午月齢   29.0
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
フリーエリア