この時期の金鈴

およそ2ヶ月半ぶりの登場、アルギロデルマ属 金鈴(キンレイ Argyroderma delaetii)です。右の写真は4月4日のものです。画像はクリックすると大きくなります。

アルギロデルマ属金鈴 アルギロデルマ属金鈴

古葉も完全に見えなくなり新芽もしっかりと生長しているようです。ただこの時期でも調子に乗って水やりすると実割れするので、左の写真のように少ししわが出てくるぐらい水やりを我慢してから与えています。これぐらいシワが出ていればたっぷり水やりしても実割れすることはほとんど無いと思います。それでも実割れが心配であれば、鉢底半分程度水に浸けてさっと引き上げる位でもいいでしょう!

金鈴の自生地は南アフリカ共和国、西ケープ州、West Coast DC(ウェスト・コースト DC)の東部および南東部です。標高は250~400mで夏は乾燥し、冬に雨が降る気候です。緯度は南緯約31度です。また株が充実すると自家受粉して種子が取れます。

金鈴の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き、長い日照時間を与えます。自生地は冬場に雨の降る地域ですので、上述のように今の時期は実割れに注意しながら水やりします。乾燥気味になりますので、ダニが発生し易くなるので、要注意です!

35度近くまで上がりましたが、日中は湿度が低くわりと過ごしやすかったです。ただ小鉢は本当に乾くのが早いので、水切れ日焼けには要注意です。梅干しの土用干しをしました。今日から3日間干します!地植えの帝玉がダンゴムシの餌食になっています。

今日のこよみ
日の出    04:57
日の入    19:09
月の出    18:26
月の入    04:06
正午月齢   14.7
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
フリーエリア