実生帝玉錦と紫帝玉

およそ3ヶ月ぶりの登場、プレイオスピロス属 帝玉錦(ていぎょくにしき Pleiospilos nelii .cv)です。画像はクリックすると大きくなります。

実生帝玉錦

新芽の片葉が全斑になったと思っていました。しかし夏になり合着部が少し開いたところ、内面に少しだけ葉緑素がありました。ですがそれぐらいでは少ないので、全体の生育も遅く、また片葉だけやはり小さめです。帝玉錦は2014年の夏実生ですので、もう丸2年経ちましたが、それでも大きさは長辺(写真だと左右で~)で18mmほどです。さてこの子は大きくなってくれるのでしょうか?!

実生紫帝玉

こちらは2015年夏実生の紫帝玉です。5本あった苗もこの1本だけになりました。この1本は黒のプラ鉢でしたが、表土が元々軽石で白っぽかったのであまり温度が上がらず助かったようです。しかし他の4本は黒のスリット鉢でしかも表土はハイドロボールだったため、用土の乾きが早く、高温になり枯れてしまったと思っています。水が凍ると体積は10%程度増えます。ですから冬場、細胞内の体液が凍ると、体積の増加に耐えられず、細胞が破裂して、水に戻ったあと流出します。それがまるで株が溶けたように見えるので、サボタニ業界では溶けると言っているのです。しかし水の体積が増えるのは凍ったときだけではありません。温度が上がってもやはり体積は増えます。実際20度から50度ぐらいにまで上がると体積は3%程度膨らみます。通常であればこの程度の体積変化に細胞が破裂してしまうことは無いと思いますが、徒長した軟弱な細胞は耐えられないのかもしれません。紫はノーマルに比べると僅かな日照不足で徒長し易いので、徒長させないことが重要なようです。

ほとんど日照は無く、明け方と夕方にはけっこう雨が降りました。グローエンドライエンシスは黄色い花弁が見え始めましたが、そこで本日は終了しました。

今日のこよみ
日の出    05:03
日の入    19:03
月の出    --:--
月の入    13:32
正午月齢   23.7
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア