夏越し後のリトープス達!

およそ2ヶ月ぶりの登場、富貴玉系(フッキギョクケイ)のダブネリー(Lithops hookeri var.dabneri C013)です。右の写真は7月08日のものです。画像はクリックすると大きくなります。

夏の間に生長したダブネリー 7月のダブネリー

前回の記事でも脱皮終了の4月の終わりから2ヶ月間で結構生長しましたと書いていますが、この2ヶ月間でもかなり生長しています!右の写真では旧皮が残っていますが、左ではありません。何故かというと今年購入した紫苑の旧皮と新芽の間にビッシリとダニが付いていて、3頭の内2頭が直ぐに枯れてしまいました。それで他の品種もダニの確認で上から取れる旧皮は取り除いたのです。その結果生長出来るスペースが出来たせいか、一気に生長したようです。一番小さな苗も回りにスペースができて中央に移動し、頂面も真上に向いて良い感じになりました。

夏の間に生長した日輪玉 7月の日輪玉

こちらもおよそ2ヶ月ぶりの登場、日輪玉系(ニチリンギョクケイ)の日輪玉(Lithops.aucampiae subsp.aucampiae var.aucampiae)です。右の写真は7月04日のものです。こちらも株間や鉢との隙間からみて少し生長しているようですし、また徒長も全くしていませんので、うまく育ってくれているようです。夏場メセン類は夏眠すると言われていますが、帝玉にしろリトープスにしろ十分に陽に当てて、水やり、肥料をしっかり与えれば品種により程度の差はありますがしっかりと生長します。夏眠というのは夏場水やりを控えて強制的に半休眠状態にさせているだけです。サボテンでも夏場水やりを控えるような栽培方法がはるか昔からありますが、それらがメセンなどにも応用されたのでしょう?!

夏の間に生長した実生白花黄紫勲

こちらは紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)の2014年夏実生苗です。ダニにやられたり、水切れで枯れたりしたのが幾つか出ましたが、90%ほどは大変良く育ってくれました。大きな苗は25mm近くあるのもいるので、もしかしたらこの秋に花が見られるかもしれません。ただこのポットは浅いので、今後の栽培には深さのある鉢が必要になりますので、そろそろ植え替える予定です!

昨日からの雨は20mmほど降ったようです。日中は陽射しもほとんど無く、今後の予報も考慮して遮光はすべて外しました!

今日のこよみ
日の出    05:38
日の入    18:07
月の出    15:41
月の入    01:32
正午月齢   11.7
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア