群生し始めた株分けラウシー

久しぶりの登場、スルコレブチア属 ラウシー(Sulcorebutia rauschii)子株です。画像はクリックすると大きくなります。

群生し始めた株分けラウシー 群生し始めた株分けラウシー

どちらの鉢にも3株ずつ掻き子を植え込んでいますが、昨年全てが、株径20mmwqを越え開花球になりました。また仔吹きも20mm程度から始まり、仔吹きながら主頭も生長していきます。ただ主頭は株径が25mm程度になるとmaxになるようで、これ以上は大きくなりません。ですから以降はさらに仔吹き旺盛となり、群生し始めます。仔吹きはエキノプシスと同じ感じで、日の当たらない家側から仔吹き易いようです。ですから回りにぐるりと一周綺麗に仔吹きさせるには鉢回しも必要です。まあラウシーの場合鉢回しをしないと後ろ側の仔吹きが直ぐに縦に伸びますので、自然と綺麗な群生が出来やすいと思います。

以降のラウシーの管理、育て方ですが、直射光下に置きなるべく長い日照時間を与えます。これまで5年間育てた感じでは、真夏は30%程度の遮光があったほうが管理が楽ですが、それ以外は無遮光下でOKです。ただしこの株はラウシーの最もノーマルなタイプですので陽射しにも強いみたいですが、紫ラウシーなどは本種より日焼けし易いそうなので、遮光はもう少し早い時期から必要かもしれません。根が大根ですので、水やりは1年を通して辛めでも大丈夫ですが、私は1週間から10日に1回ぐらいのペースで与えています。子吹きも旺盛ですので、株分けで増やせますが、株径15mm以下ぐらいで外すとめちゃくちゃ生育が遅いですので、なるべく大きくなるまで親株に着けておきます。株径が20mmを越え、また大根の太さが10mm程度になるまでは親に着けておいた方がいいです。でも植え替え時簡単に外れてしまうこともあるので、要注意です!群生し始めると鉢回しは必須です!!

今日も良く晴れて気持ちのいい一日でした。湿度が低いので鉢はたいへん乾きやすく、小さな鉢は風焼けには要注意です。

今日のこよみ
日の出    06:04
日の入    17:21
月の出    17:41
月の入    05:40
正午月齢   15.1
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア