金洋丸の花がら取りと姫笹の雪の植え替え!

およそ6ヶ月半ぶりの登場、金洋丸(きんようまる Mammillaria marksiana)中株です。画像はクリックすると大きくなります。

花がらを取った金洋丸

花がらがだいぶ浮き上がってきて取れそうになってきましたので、花数を確認するのを兼ねて、取り除きました。取れた花がらは28ヶでしたので、今年の開花総数は28輪ということになります。花がらを残したままだとカビが生えたり、ダニが潜みやすくなるので、最終的には取りのぞかないといけません。しかし無理矢理取るとそこから雑菌が入り、腐れや傷みが出たりするので、取るタイミングというのが品種により異なります。内裏玉や玉翁のように花がらが疣腋の綿毛に沈んで行くタイプは、厳冬期の1月から2月頃に行います。でも金洋丸のように開花から半年ほど経つと簡単に取れるようになる品種は、今ぐらいの時期に取るのがいいです。また猩々丸や銀紗丸、月影丸のように花後2ヶ月ほどで自然に取れるようなものはそのままにしておいても良いですし、取れなかったのは今ぐらいの時期に取ってやればかまいません。ただ我が家の月宮殿のように開花から3年経っても力ずくでも取れないようなものはそのままにしておくしかありませんが、カビが生えてしまい今では花がらが真っ黒になってしまいましたので、取りにくい品種は小まめに殺菌剤を散布するしかありません。

抜いた姫笹の雪

およそ9ヶ月半ぶりの登場、アガベ属 姫笹の雪 (Agave victoriae-reginae.'compacta')の子苗です。夏に水切れで下葉をかなり落とさせてしまいましたが新芽が出て少し元気になってきましたので、枯れたり痛んだ下葉を綺麗に取り除くのに、抜きました。今日は9本抜きました。明日は笹の雪黄覆輪2本と残っている姫笹の雪2本を抜く予定です。姫笹の雪も笹の雪黄覆輪も耐寒性は非常に高いですが、あまり遅い時期に植え替えるとやはり耐寒性が落ちてしまうので、今月いっぱいぐらいが良いところでしょう!

今日も日照はほとんどありませんでした。気温も昨日とほとんど同じでかなり肌寒かったです。扇風機は掃除してかたづけました。

今日のこよみ
日の出    06:10
日の入    17:13
月の出    23:55
月の入    12:59
正午月齢   22.1
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア