新芽生長実生帝玉

およそ2週間ぶりの登場、2013年夏実生のプレイオスピロス属 帝玉(ていぎょく Pleiospilos nelii)くん達です。右の写真は10月13日のものです。画像はクリックすると大きくなります。

新芽生長実生帝玉 新芽生長実生帝玉

この2週間で2本植えの1本を除きすべてに新芽が上がって来ました。そして新芽が出ていた苗はさらに新芽を大きくして生長しています。この時期は新芽を生長させると共に内部で花芽を作る時期でもあるので、水切れは厳禁です。ただ今年のように日照が少ないと徒長する場合もありますので、やや水やりが難しい日が続いています。それでもどんなに水やりを辛くしても2週間以上開けることはありません。帝玉はリトープスと違い、水を切りすぎると古葉の水分で新芽を生長させてしまうので、できるだけ古葉の水を使わさないことがポイントです。我が家の場合秋はどうしても日照時間が取れにくいので、少しでも光合成を活発にさせたいので、水やりを兼ねてペンタガーデンを400倍から200倍で与えています。今日は12日ぶりの水やりで、ペンタガーデンは200倍で与えました。今日はあまり日照もありませんでし、午後からは雨も降りましたが、水やりしています。水やりする日の天候はあまり気にしていません。重要なのは翌日以降の天候です。ですから明日以降晴が続けば、例え雨が降っていても水やりしています。水やりせずに明日の朝からの光合成に古葉の水を使われては困るのです!!と言うことで、この時期の帝玉を育てるポイントは兎に角、古葉の水分を使わせない水やりです!!!

3輪同時開花のダブネリー

こちらは6日ぶりの登場、富貴玉系(フッキギョクケイ)のダブネリー(Lithops hookeri var.dabneri C013)です。3輪が全開でした。リトープスが自家受粉するかどうかの確認で、本日この3輪間で受粉させました。あまり開花して直ぐでは、自家受粉しない場合もありますので、閉花間際のこのタイミングで行いました。さてどうなるのでしょうか?!

一昨日紹介した白花黄紫勲に4輪目まで花芽が上がって来ました。しかも一番小さな苗にもです。これで5頭立ての方は5輪花を着けそうです。同じく日輪玉ですが、こちらはどうやら1株は白花のようです。明日にはもっとはっきり分かると思います!

今日のこよみ
日の出    06:12
日の入    17:09
月の出    01:51
月の入    14:54
正午月齢   25.1
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
フリーエリア