花芽が上がって来た精巧殿!

およそ3週間ぶりの登場、ツルビニカルプス属 精巧殿(せいこうでん turbinicarpus pseudopectinatus)です。画像はクリックすると大きくなります。

花芽が上がって来た精巧殿

ゴミでも付いているのかと思ってよく見たら花芽が上がって来ていました。さすがに左の小さな株はまだのようです。昨年花芽を確認したのが11月8日ですが、この写真よりだいぶ小さな状態で見つけているので、1週間程度の遅れだと思います。また小さな株は1ヶ月ほど遅れて出て来たので、来月半ば頃には確認出来ると思います!花芽は冬の間ゆっくりと生長し、春3月半ば頃の天気の良い日に開花しますので、花はだいぶ先になります。今シーズンは小さい株の花が1日しか開かなかったし、花粉も出なかったので、交配出来ませんでしたが、来シーズンは上手く揃って開花して欲しいものです。

ATXケースにしたP5Q-EM

ビデオカードのファンが壊れたマイクロATXマシンですが、横からファンで冷やせば問題ありませんでしたが、サイドパネルが閉められないので、ビデオカードの買い換えも考えましたが、通風やHDDの増設などのし易さ、コストなどを考えて、ケースをATXケースに交換することにしました。そうすればビデオカードの下側に以前購入して使っていなかったファンステイが使えます。出来上がりはこんな感じです。ファンステイに9cm静音ファン2ヶ付けてビデオカード全体をクーリングします。アイドリング時で30度、簡単なベンチマークでも40度と以前よりもかなり下がりました。今回のケースは電源が下側なので、電源のファンの向きが迷うところです。ケースの底に通風の穴があるのですが、フットの高さが15mmほどしかありません。高速で回せばそこそこの高さがあればいいですが、低速で静かに回す場合はこれでは吸気に支障が出ます。以前も書いていますが、下側からの吸気には35mm程度は必要なのです。そこで付いていたフットはプラスチックでしたので、高さ25mmのゴムフットに交換しました。PCはキャスター付きの台に乗せますが、厚さ5mmの耐震マットで貼り付けて乗せますので高さは30mmは確保出来ました。また吸気口の位置に合わせて台にも穴を開けていますので、35mm分ぐらいは十分確保出来ます。と言うことで、電源のファンの向きは下側にしました。まあ今は室温も低いので、もともとも15mm程度でも問題はありませんが!ただATXの補助電源の4Pinが裏配線では届かず基板を完全に横切るようにしか配線できませんでした、残念!!

今日は全く日照無しで、気温も上がらずかなり寒かったです。トップレッドも全く開きませんでした。

今日のこよみ
日の出    06:39
日の入    16:47
月の出    00:42
月の入    13:30
正午月齢   23.4
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フリーエリア