百日紅の9号鉢に同居する実生帝玉と実生紫帝玉その後!

およそ7週間ぶりの登場、百日紅の9号鉢に同居しているプレイオスピロス属 帝玉(Pleiospilos nelii)の実生苗です。右の写真は10月14日のものです。画像はクリックすると大きくなります。

百日紅の9号鉢に同居する実生帝玉 百日紅の9号鉢に同居する実生帝玉

百日紅の9号鉢に同居する実生帝玉 百日紅の9号鉢に同居する実生帝玉

2枚とも7週間前とは明らかに新芽が生長し、そして古葉はより大きく開いているため、株の横幅もかなりおおきくなっています。株の回りにも苔や雑草がふんだんに生えていますが、そんなのはお構いなしです!2014年、2015年の実生苗がいるわけですが、2014年のもので、およそ2年間この鉢で過ごしていますので、たいしたものです!!置き場所は日照時間が稼げる、家の前の道路の反対側で、一年中雨ざらしです。鉢は9号鉢、用土は赤玉5:たい肥5という用土ですし、夏場は百日紅のために1日2、3回水やりすることもあります。またもう3年ほど植え替えていないので、肥料分がほとんど無くなっているので、液肥もハイポネクスで500~1000倍、ペンタガーデンは100倍で週に1回の割合で与えていますが、まったく徒長することもありません。とにかく帝玉は長い日照時間が得られる場所であれば、どんな環境でも育つのです!

新芽が出てきた実生紫帝玉 新芽が出てきた実生紫帝玉

こちらはおよそ8週間ぶりの登場、プレイオスピロス属 紫帝玉(むらさきていぎょく Pleiospilos nelii ’Royal Flush’)の実生苗です。右の写真は10月10日のものです。右の写真の様に新芽が脇から出てしまい、古葉が直ぐに枯れてしまいました。しかし予想よりは古葉の栄養をもらったようで、少しは大きくなったようです。そんな紫帝玉ですが、なんとまた新芽が出てきていました。今回はちゃんと合着部から正しく出てきています。旧新芽の栄養で育てるとまた同じ事になりますので、早く気がついて良かったです。これからは新芽を根からの栄養分でしっかり育てるために薄目の液肥を水やり代わりに毎回与える事にします。

今日はお昼前後は日照ありましたが、それ以外はほとんど曇りでした。ただ気温は高くベランダは18度台まで上がっていました。トップレッドSSは花が終わったようです。紫李夫人はたぶん今日が最後の開花のようです。

今日のこよみ
日の出    06:50
日の入    16:45
月の出    10:54
月の入    21:53
正午月齢   05.6
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
フリーエリア