脱皮順調実生白花黄紫勲

およそ2週間ぶりの登場、紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)の2014年夏実生苗です。画像はクリックすると大きくなります。

脱皮順調実生白花黄紫勲 脱皮順調実生白花黄紫勲

左の写真には99本の苗がありますが、2本を除き97本で脱皮が始まり順調に進行しているようです。2本の苗ももう少しで合着部が裂けそうな感じですので、時間の問題かと思います。右の写真はその中でも割と進行が早い苗です。そして普通の脱皮です。通常古葉と新芽は十字対生の形になっていますので、右の写真のように古葉の合着部(裂け目)が縦なら新芽の合着部は左右に入る形で出て来ます。そして左の古葉の栄養分が手前の新芽の葉に移動していきます。右の古葉の栄養は向こう側の新芽に移動するわけです。

脱皮順調実生白花黄紫勲 脱皮順調実生白花黄紫勲

ところがこの左の写真の苗はなんと古葉と新芽の合着部の線が同じ方向で出てきています。白花黄紫勲の実生苗だけでも200回以上脱皮を見てきていますが、こんな苗は初めてです。この場合は左の苗の栄養がやはり左の新芽に移動したのでしょうかねぇ?!まあ脱皮前と同じかそれ以上のサイズに生長してきていますので、順調のようですのであまり気にしないことにします!!右の写真は片葉苗です。ちゃんと合着部の線が見えていますので、正しく対になったようです。まあもう少し脱皮が進んだら三枚葉になっていたなんてことは無いと思いますが、要観察です!!

脱皮終了実生白花黄紫勲 脱皮終了実生白花黄紫勲

こちらは昨年春の実生苗です。ほぼ脱皮が終了したようです。早く終わった苗はかなり生長して倍ぐらいの大きさになっているのもいるようです。水はけも悪くなってきていますし、そろそろ植え替えです。帝玉の植え替えが終わったら抜く予定です!

割としっかりと雨が降り乾燥していた庭木などには恵みの雨となったようです。馬酔木、白椿も開花が始まりました。ヒマラヤユキノシタの花びらがやけに落ちていると思ったらヒヨドリにやられたようです。

今日のこよみ
日の出    06:00
日の入    18:09
月の出    01:01
月の入    11:28
正午月齢   22.5
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
フリーエリア