帝玉の花がら摘みと松霞の種採り、トップレッドの脱皮など!

3月19日から開花が始まった、プレイオスピロス属 帝玉(ていぎょく Pleiospilos nelii)達ですが、第1弾の花はだいぶ終わりかけてきました。画像はクリックすると大きくなります。

カットした帝玉の花がら

そして中には古葉が縮み始めたものや結実し始めたものも出て来ましたので、余分な体力を消費させないために、花をカットしました。もう10日ほど前から一部カットしていますが、今日は写真の様にけっこうカットしました。特に小さな株や、水やりしても古葉の縮みが止まらない株などはまだ1、2回開花出来る花でもカットしています。長い間開花させていると、花数が多いだけに、受粉してしまう確率が高くなりますので、しかたありません。今年はあまり花色の選別が出来るほどでもありませんでしたので、できる限り結実させない方向で早めに花を切ることにしています!!

抜いた松霞の結実

こちらはおよそ1ヶ月ぶりの登場、マミラリア属 松霞(まつがすみ Mammillaria prolifera)です。花芽も膨らんできましたので、開花の邪魔になりますので、結実を取り除きました。全部で100ヶ以上ありますが、蒔くつもりは無いので破棄しました。でもマミラリアのように花芽を摘んだりするのが難しい品種は、このように自家受粉すると大量に結実が出来てしまうので、いつも体力が心配になります。ですから水やり代わりに毎回薄い液肥を与えていますが、最近はあまり仔吹きも増えませんので、やはり勢いは無くなってきているのかもしれません。

脱皮が始まったトップレッドSS

こちらはおよそ4ヶ月ぶりの登場、花紋玉系(カモンギョクケイ)のトップレッドSS(Lithops karasmontana subsp.karasmontana var.karasmontana'Top Red'S.S )です。先日から脱皮が始まりました。花がらが中央から動いていませんので、分頭している可能性が高いです。ただ左の古葉がやや小さいので、分頭しても片方がやや小さくなりそうです。

午後からは余り日照はありませんでしたが、高い気温に支えられ帝玉も80輪ほどが開花していました。先日から開花が始まった実生錦丸も6株目までが開花し、8輪同時開花している株もありました。新しいサボタニ用の培養土が届きました。明日以降の植え替えで使って見る予定です。株分けした王妃雷神白中斑を2株とも4号深鉢に植え付けました。

今日のこよみ
日の出    05:13
日の入    18:37
月の出    04:29
月の入    17:08
正午月齢   28.0
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア