グローエンドライエンシス、白花黄紫勲、黄鳴弦玉、トップレッド、ダブネリーの植え替え

昨日抜いて乾燥させていた、グローエンドライエンシス、白花黄紫勲、黄鳴弦玉、トップレッド、ダブネリーを本日植え付けました。画像はクリックすると大きくなります。

抜いたグローエンドライエンシス、白花黄紫勲、黄鳴弦玉、トップレッド、ダブネリー、紫帝玉 植え付けたグローエンドライエンシスと白花黄紫勲

左の写真は抜いた状態です。黄鳴弦玉とトップレッドは乾燥させすぎたせいか根がかなり干からびていました。右の写真は曲玉系(マガタマケイ)Lithops pseudotruncatella subsp.groendrayensis C246 グローエンドライエンシスと紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)の分頭株です。植え替え前は紺色の4号深鉢でしたが、今回はアルミテープ内張の白にしました。

植え付けた黄鳴弦玉とトップレッド 植え付けたダブネリー

左の写真は柘榴玉系(ザクロギョクケイ)の黄鳴弦玉(キメイゲンギョク Lithops bromfieldii var.insularis 'Sulphurea' C362 )と花紋玉系(カモンギョクケイ)のトップレッドSS(Lithops karasmontana subsp.karasmontana var.karasmontana'Top Red'S.S )です。黄鳴弦玉は別管理にしようかと思いましたが、前と一緒でトップレッドと一緒に植え付けました。先にも書きましたが根がかなり干からび木質化していたので、やや水持ちを良くするためにバーミキュライトを少し多めにしました。右の写真は富貴玉系(フッキギョクケイ)のダブネリー(Lithops hookeri var.dabneri C013)です。5頭立ては脱皮前と変わりませんが中央の株は脱皮が一番早かったことも有りけっこう大きくなりました。それと抜いた状態だと5頭の隙間が出るので、花がらは切り取りました。もしかしたら数粒結実が入っているかもしれないと期待しましたが、まったく入っていませんでした。これで紫李夫人以外は全て植え替えが終了しました。そして実験ですが今日の3鉢、日輪玉、白花黄紫勲5頭立ての5鉢は内側にアルミテープを貼り付け、遮光しアオコ対策をしています。もしかしたら根にもいいかもしれません。

今日のこの夏?一番の気温となり、ベランダは34度台まで上がっていました。兎に角暑かったです。午後9時半現在でもベランダは30度あり真夏です!

今日のこよみ
日の出    04:45
日の入    19:04
月の出    09:16
月の入    23:15
正午月齢   04.3
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
フリーエリア