開花が始まった新天地と花芽が上がって来た士童

久しぶりの登場、ギムノカリキウム属 新天地(シンテンチ Gymocalycium saglione.)です。画像はクリックすると大きくなります。

開花が始まった新天地

本日より開花が始まりました。もう1つの花芽もかなり膨らんできているので、ギリギリ2輪同時開花出来るかもしれません。新天地の花は全開でももう少し開くぐらいで、大して見栄えがある花ではありません。ですので花を楽しむより、棘を愛でるサボテンと言えます!新天地錦の方は今年はまだ花芽が確認出来ていませんので、交配は無理でしょう?!棘もだいぶ立派になってきて鉢から飛び出してきているので、花が終わったら植え替えることにします。

新天地の管理、育て方ですが、これまでどおり直射光下に置き、長い日照時間を与えます。水が切れると少し艶消し肌になり軽い日焼けのような症状が出やすいので、気温が連日30度を超えるような場合は30%程度の遮光をした方が良いでしょう!水は好む方なので夏は上から半分ぐらい乾いたら水やりしています。また肥料も好むほうで、2回に1回は薄目の液肥を与えています。小さな株でも晩秋まで十分健康的に育てると耐寒性も高く、マイナス5度程度はへっちゃらです。また冬場の2ヶ月程度断水しても変色も縮みなどもありませんので、大変育てやすい品種です!ただ生長は早いので栽培スペースがある人向きかも!!

花芽が上がって来た士童

およそ9ヶ月ぶりの登場、フライレア属 士童 (シドウ Frailea castanea ssp.castanea)です。7本あった成株の内唯一生き残った苗です。ただこの株もダニ被害に遭い、かなりダメージがありましたが、頑張って花芽を上げて来ました。子供がだいぶ育っているので、種は煎りません。ですから今年は結実しなくて良いので、開花して欲しいですねぇ!

今日も朝から良く晴れて気温が上がり真夏日となりました。湿度も低くずっと乾燥注意報が出ています。鉢は本当に早く乾くので、植え替えたばかりの鉢などは要注意です!枇杷がいつの間にか鳥にかなり食われていましたので、被害に遭っていないのを収穫しました。割と甘かったです!!内裏玉、玉翁、黄雪晃を播種しました。

今日のこよみ
日の出    04:42
日の入    19:13
月の出    23:12
月の入    09:32
正午月齢   20.3
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
フリーエリア