雲南地湧金蓮

左の写真はバショウ科ムセラ属 地湧金蓮(ちゆうきんれん Musella lasiocarpa)と言う、亜熱帯に生息する非常に珍しい植物です。日本では1990年の大阪花博で展示されたのが初めてのようです。画像はクリックすると大きくなります。

雲南地湧金蓮 蓮

名札には雲南地湧金蓮と書かれていましたが、中国雲南省の山間部に自生しているようで、耐寒性は非常に高くマイナス15度ぐらいは平気なようです。地湧金蓮の名前の由来はその名の通り、地から湧いて出た金色の蓮に似ているものから来ているようです。たしかに右の蓮の写真と見比べるとそっくりです。ただ左の金蓮は花弁では無く苞で実際の花は、花弁が開いているように見える部分の付け根に見えている小さいのが花のようです。花は開花すれば1年ぐらい開花し続けるようです。この株は地植えですが、他に鉢植えも2株ありました。

蓮

こちらは蓮ですが、花弁が多く八重咲きのような品種のようで珍しかったので載っけておきます。雌蕊が膨らんでいるみたいで、結実しているのかもしれません。これらは黒谷さんの西雲院紫雲石さんで見ることができます。

今日は朝から開眼式で黒谷さんに行ってきました。昨日までの天気から打って変わって、陽射しも強くめちゃくちゃ暑かったです。

今日のこよみ
日の出    04:49
日の入    19:14
月の出    16:41
月の入    02:33
正午月齢   12.0
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
フリーエリア