fc2ブログ

牛丼

今日は久しぶりに牛丼を作りました。
安くてうまい、そして簡単で安心(化学調味料、香料、保存料、着色料etc無添加)な牛丼です。
作り方は以下の通りです。

レシピ(2~3人前ぐらい)
材料
牛肉           280g(豪州産牛切り落とし赤身)
タマネギ        1ヶ(有機栽培中玉)
ダシ           350cc(利尻濃厚昆布だし)
砂糖           大さじ1(双洗糖)
みりん          大さじ3(三河みりん)
醤油           大さじ4(本醸造醤油)
赤ワイン        大さじ2
オイスターソース   小さじ1(自家製)
辛口ウスターソース 大さじ1(自家製)
和牛脂身        1ヶ(1cm角)
ダシ醤油        大さじ1(自家製)

*赤ワインは安いものでかまいませんが、最低でも保存料などの入っていないものを使いましょう。

作り方
行平鍋に昆布だしをはります。
薄切りにしたタマネギを入れ、火にかけます。
タマネギがしんなりするまで15分ほど煮詰めます。(タマネギのうまみをダシに加えます)
牛肉を1枚1枚剥がしながら入れます。大さじ2の赤ワインも加えます。このとき水気が少ないようであればワインか水を足してください。
灰汁を取りながら煮ていきます。(肉のうまみをダシに加えます)
灰汁が出なくなったら砂糖、みりんを加えます。
しばらく煮込んだら醤油、オイスターソース、辛口ウスターソースを加えて煮ていきます。
味を見て少し薄いようであればダシ醤油を加えます。そのままでよければ加えなくてもOKです。
最後に牛脂を入れ、溶ければ、熱々のご飯にかけて完成です!!




今日も良く晴れました。そして気温もけっこう上がりました。室内のデジタル温湿度計では28度まで上がっていました。
でもそれよりも湿度の低さです。午後からはずっと35%以下、14時には20%にまで下がりました。
こういう時は夏のように日差しが強くなくても、日焼けをしたりします。サボテンや多肉植物では水分をしっかり蓄えていますので日焼けしにくいですが、観葉植物などでは注意が必要です。
ポトスマーブルクイーンやテーブルヤシなどは2時間おきに霧吹きして空中湿度を上げることで葉先の枯れ込みや斑の部分の変色を防ぎます。
日焼けの一番の原因は光の強さですが、気温、湿度、培養土の水分量などの条件によっては発生しやすくなりますので、注意が必要です!


ワタは新しい花は開花しませんでした。
移植の終わったパンジーですが少しバッタに食われました。最近バッタもめっきり少なくなってきていたのですが、1~2cm程度の生まれて間もないバッタがたくさんいました。
パンジー以外にもミツバやゼラニウム、アサガオも結構食われていました。

象牙丸も8輪目の花芽の成長がやや遅くなった感じです。

短毛丸(たんげまる)も数株に花芽が付いたままで成長していません。こんな状態が10日以上続いています。普通だと、手で触ると簡単に落ちるのですが、どれもかなりしっかり付いているので取れません。
今年(2008年)はこれまでほとんどと言っていいほど子吹きませんでしたが、やっとここにきて子吹きが増えてきました。でもこの子吹きは1cm程度まで成長させてから取ります。子を付けずに冬越しさせた方が翌年花付きが良くなるからです。




今日のこよみ
日の出    06:05
日の入    17:19
月の出    19:39
月の入    09:54
正午月齢   18:8

関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア