fc2ブログ

脱皮完了金鈴と月兎耳の植え替え

およそ1ヶ月半ぶりの登場、アルギロデルマ属 黄花金鈴(キンレイ Argyroderma delaetii.)と赤花金鈴(アカバナキンレイ Argyroderma delaetii. cv)です。画像はクリックすると大きくなります。

脱皮完了金鈴

左の黄花金鈴は単頭苗は特に問題無く終了しましたが、これまで変形5頭苗は7頭苗になりました。7頭の内3頭は正しい対ですが残り4頭はやや変形したものです。ただ2頭は形は若干おかしいですが、ほぼ対になっていますので次回は正しい形になると思われます。残り2頭もサイズが小さく形もやや異形ですので次回はどうか分かりませんが、次回までになるべく株を大きくして正しい形になれるよう育てようと思います。右の赤花金鈴は3頭全てがそのまま単頭で終了しました。しかも脱皮前よりも幅が少し大きくなっていますので、このままいけばしっかりとしたサイズになってくれそうです!

金鈴の自生地は南アフリカ共和国、西ケープ州、West Coast DC(ウェスト・コースト DC)の東部および南東部です。標高は250~400mで夏は乾燥し、冬に雨が降る気候です。緯度は南緯約31度です。また株が充実すると自家受粉して種子が取れるそうですが、我が家の株はこれまで自家受粉では種子はできません。
金鈴の管理、育て方ですが、これまで通り直射光下に置き、長い日照時間を与えます。ただし気温が連日30度を超えるようなときは遮光下で管理した方が楽ですので、今の時期ぐらいから35~50%の遮光ネットを張っています。自生地は冬場に雨の降る地域ですので、まだ今の時期は実割れに注意しながら水やりします。またダニには要注意です!

月兎耳の植え替え

およそ1年半ぶりの登場、ベンケイソウ科カランコエ属 月兎耳(ツキトジ Kalanchoe tomentosa)の分割葉挿しです。プレステラ105から5号浅鉢に植え替えました。培養土もやや水保ちの良いのに変更しました。これでこの夏は乗り越えてもらいましょ!!

今日は30度を超え真夏日となりました。湿度は猛烈に低く真夏以上に水やりしないといけません。地植えのアオキなどももう葉焼けし始めました。

今日のこよみ
日の出    04:49
日の入    18:59
月の出    23:00
月の入    08:17
正午月齢   18.2
関連記事
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、草花から樹木までいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア