開花が始まった実生錦丸

およそ2週間ぶりの登場、2013年9月実生の錦丸(にしきまる Mammillaria spinosissima)です。画像はクリックすると大きくなります。

開花が始まった実生錦丸 開花が始まった実生錦丸

ついに開花が始まりました。実生サボテンとしては初めての開花です!!花芽の数も親株譲りでもの凄い数が上がって来ています。今日はこの2株だけですが、明日はあと8株ぐらいは開花してくれそうです。左の株は少しだけ斑が入っています。これだけの株がしばらくはかなりの数の花を開花させ続けると思われますが、そうすうると結構な数の結実が出来てしまいそうです。まだかなり小さなサイズのもいますので、ちょっと心配です。

花芽が上がって来た実生錦丸

こちらは唯一花芽が上がって来ていなかった株ですが、こちらもようやく上がって来ました。サイズも一番小さな株ですが、花芽の数はやはり多くなりそうです。マミラリアは花芽を摘むのが大変難しいので、どうしたもんでしょうか?!

今日は残っていた2トレー24ポット、80本ほどの帝玉の植え替えをしました。もう1株の日輪玉も分頭しているようです。

今日のこよみ
日の出    05:17
日の入    18:35
月の出    02:36
月の入    13:53
正午月齢   25.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

開花が始まった桃美人

およそ3ヶ月ぶりの登場、パキフィツム属 桃美人(Pachyphytum oviferum)です。画像はクリックすると大きくなります。

開花が始まった桃美人

花弁が伸びて、先端が綻び、開花が始まりました!また右の株にはもう1つ花芽が上がって来ていて、花芽は全部で5つになりました。桃美人の花は赤みが強い綺麗な色をしていますが、大きく開かないし、また下を向いたままですので、なかなか上手く見ることができません。しかしこの門柱の上ならば簡単に下から覗くことが出来るので、観察には都合がいいです。でも背が高くなっていて転倒し易いので、回りを5号鉢や4号素焼き鉢でかためて倒れないようにしています。もうしばらくすれば蜜が大量に出て来て、虫がやってくるようになります。

開花が始まった実生帝玉

こちらは実生ムスカリと同居している、実生帝玉です。もう2年以上屋外放置していますので、若干数は淘汰されましたが、元気に育ってくれています。そしてこの春初めて花芽を上げ、そして先日から開花が始まりました。今日は終日曇りだったので、ほとんどが半開程度でしたが、この株だけは7分咲きくらいまでは開いていました。

昨日の笹の雪系に続いて王妃雷神白中斑を抜きました。子株にも数本根が出ていたので、株分けして乾燥中です。

今日のこよみ
日の出    05:18
日の入    18:34
月の出    01:56
月の入    12:53
正午月齢   24.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

植え替えた笹の雪黄覆輪と姫笹の雪

およそ15ヶ月ぶりの登場、アガベ属 笹の雪黄覆輪(ささのゆききふくりん Agave victoriae-reginae f.variegata)と姫笹の雪 (Agave victoriae-reginae.'compacta')です。画像はクリックすると大きくなります。

植え替えた笹の雪黄覆輪と姫笹の雪

昨日に笹の雪黄覆輪親株と姫笹の雪親株を植え替え、本日子株達を植え替えました。左奥が笹の雪黄覆輪親株で6号鉢に、その右が姫笹の雪親株で5号鉢に、子株はスリット角ポットから4号鉢に植え替えました。手前右端は笹の雪黄覆輪親株から出ていた仔吹きです。根っこもしっかり出ていたので、8cm角ポットに植え付けました。笹の雪黄覆輪親株は2011年11月にいただいた時は角ポットに植え付けた仔吹きほどの大きさだったのですが、ずいぶん大きくなりました。姫笹の雪はまだ8ポットあるのですが、今月に入り強光線でかなりシワシワになってしまていたので、抜いて確認しました。するとほとんどの株の根に新根が無くなっていました。ですから水を吸い上げられなくなっていて強光線にやられたようです。笹の雪や姫笹の雪は発根し難いので、水を吸い上げられる所まで根を切り戻して水栽培して発根させてから植え付ける予定です。

植え替えた笹の雪黄覆輪

こちらは仔吹きですが、2株とも根の本数は2本しか出ていなかったので、根は切ったりせずそのまま植え付けました。ですから直ぐに水やりしています。用土は花と野菜の粒状性培養土です。一昨年笹の雪黄覆輪親株を植え付けてみて、根の張り具合など良さそうだったので、今回は全ての株に使いました。

今日はほとんど日照無く、帝玉は数輪だけが開花していました。花がらだと思っていた月宮殿に種が出来ていました。鞘の膨らみは無く完全に縮んでしまっていましたが、1鞘に数粒ずつ入っていて全部で30粒ほど採れました。種はマミラリアのなかではかなり大きい方だと思います。月宮殿は予備が欲しいので、なんとか上手く発芽させたいと思います!!

今日のこよみ
日の出    05:19
日の入    18:33
月の出    01:15
月の入    11:55
正午月齢   23.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

分頭していた日輪玉と脱皮が始まった紫李夫人と脱皮終了実生白花黄紫勲

およそ2週間ぶりの登場、日輪玉系(ニチリンギョクケイ)の日輪玉(Lithops.aucampiae subsp.aucampiae var.aucampiae)です。画像はクリックすると大きくなります。

分頭していた日輪玉

最初に脱皮を始めた結実していない株は単頭のままでしたが、この株は分頭していました。日輪玉は10頭以上の群生になる品種ですが、我が家では初めての分頭です。もう1株は新芽はなんとか見えてきていますが、分頭の確認はまだ全く出来ませんので、もう1株も分頭してくれれば嬉しいですねぇ!

脱皮順調紫李夫人

こちらはおよそ4ヶ月ぶりの登場、李夫人(リフジン)系の紫李夫人(ムラサキリフジン Lithops salicola "Bacchus")です。いつのまにか脱皮が始まっていました。2頭とも新芽がここまで見えてきていますので、脱皮は大変順調のようです。でも昨年の今頃はもう脱皮は終了しかけていましたので、2週間ほどは遅れているようです。

脱皮終了実生白花黄紫勲

こちらは実生の白花黄紫勲です。全ての脱皮が終了しました。9株植えのポットは用土が乾けば植え替えます。まったく脱皮が確認出来ていないのは大津絵だけになりましたが、花も咲かさなかったし、脱皮も気配がないのはかなり心配です。花芽が出来ていない場合、新芽も出来ていない可能性もありますので、要注意です!

今日は晴れたり曇ったりの天気でしたが、お昼過ぎからは割と日照があったので、帝玉は80輪ほどが開花していました。また開花し無かった花はすでに結構結実しているようです。5号の笹の雪黄覆輪と4号の姫笹の雪を6号と5号に植え替えました。

今日のこよみ
日の出    05:20
日の入    18:33
月の出    00:31
月の入    11:00
正午月齢   22.0
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
フリーエリア