実生雪晃、烏羽玉、レツーサの植え替え

2014年夏実生の雪晃(せっこう Parodia haselbergii )と烏羽玉(うばたま Lophophora williamsii)、ハオルチア属 寿(ことぶき)(Haworthia retusa ハオルチア レツーサ)を植え付けました。画像はクリックすると大きくなります。

植え付けた実生雪晃と烏羽玉、レツーサ 水洗い後乾燥中の実生雪晃と烏羽玉

雪晃は苗同士がぶつかり合って徒長し始めたので、烏羽玉は水はけが急激に悪くなったので、植え替えました。3日前に抜いて根は水洗いして右の写真の様に乾燥させていました。雪晃はけっこう側面や生長点付近をダニにやられていて、無傷なのは半数にも満たない状態でした。烏羽玉もよく見ると細かなダニの被害の跡が幾つも見つかりました。今回は植え付け前にベニカファインを散布して1時間ほど乾かしてから植え込みました。用土にもオルトラン粒剤DXを多めに混ぜ込みました。しばらくは大丈夫でしょう?!

左の写真の左側の4ポットはレツーサです。7号鉢に大群生させていたのをバラして4株だけ残しました。葉っぱが2~4枚ぐらいの小さな株30株ほどは破棄、残りの20株ほどは御近所の方にもらっていただきました。まだ他にも群生鉢がありますがこちらもそろそろ植え替えた方が良さそうです。

朝から小雨が降ったり止んだりの天気で日照はまったくありませんでした。気温も上がらず25度台でした。

今日のこよみ
日の出    04:48
日の入    19:00
月の出    03:41
月の入    17:02
正午月齢   27.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

やっと花芽が上がって来た金洋丸大株と変な所から花芽が上がって来た玉翁

およそ9ヶ月ぶりの登場、マミラリア属 金洋丸(きんようまる Mammillaria marksiana)大株です。画像はクリックすると大きくなります。

やっと花芽が上がって来た金洋丸大株

タイトル通りでやっと花芽が上がって来ました。普通ならとっくに花が終わっている所ですが、年々花芽の上がりが遅くなってきています。それと仔吹き出したことも花芽の上がりを遅くしている気がします。大株はなんとか上がって来ましたが中株の方はまったく気配がありません。中株はまだ2階ベランダにおけるサイズなので十分日照は確保出来ているはずですが、それでもまったくです。中株は4株も仔吹きが出て来ているのと、昨年結実させたことで、さらに花芽が出にくくなっているのかもしれません。まあ金洋丸は昨年の実生苗が100本以上育っているので、しばらくは大株も中株も休んでもらいましょう!

別の所から花芽が上がって来た玉翁 ポツポツ開花中の玉翁

こちらは今月15日から玉翁(たまおきな Mammillaria hahniana ssp.hahniana)です。前回今年の花芽の隣に昨年の花がらがあるので、ほとんど生長していないので、花芽の数も少ないと書いていますが、なんと左の写真の様に昨年2016年の花がらの下からも花芽が上がって来ました。そしてその花芽の下には2015年の花がらがあります。つまり2015年に生長した部分で花芽が上がったことの無い部分に今年の花芽が着いたようです。まあこれで花芽の数はそれなりの数になりました。玉翁も植え替えていないのと昨年、一昨年と結実しているので、あまり生長していない事と、疲労が残っていることが原因と思われます。まあ今年は花が終われば夏前頃に植え替えることにします。

今日も30度を超え4日連続の真夏日となりました。バラしたレツーサと折れた桃美人を植え込みました。日の入りが19時台になりました。

今日のこよみ
日の出    04:48
日の入    19:00
月の出    03:01
月の入    15:53
正午月齢   26.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

8頭立てになった黄鳴弦玉

およそ1ヶ月半ぶり柘榴玉系(ザクロギョクケイ)の黄鳴弦玉(キメイゲンギョク Lithops bromfieldii var.insularis 'Sulphurea' C362 )です。画像はクリックすると大きくなります。

8頭立てになった黄鳴弦玉 黄鳴弦玉とトップレッドSS

これまで6頭立てでしたが、大きめの2頭がそれぞれまた分頭して、ついに8頭立てになりました。でも最近は1頭が3cm近くになると、翌年には分頭すると言う感じなので、なかなか見栄えのある群生にはりってくれないようです。右の写真の花紋玉系(カモンギョクケイ)のトップレッドSS(Lithops karasmontana subsp.karasmontana var.karasmontana'Top Red'S.S )でも35mmほどしか無かったのですが、それと比べてもかなり小さいのがよく分かります。しかもそんな小さな株でも毎年花を咲かすのですから、驚きです!トップレッドSSはまだ脱皮中ですが、黄鳴弦玉は終了しましたので、この鉢もそろそろ植え替えです。

6輪同時開花の白花月影丸

こちらは7日から開花が始まった、マミラリア属 白花月影丸(Mammillaria crinita ssp.crinita fa.zeilmanniana cv.)です。今日は6輪同時開花していました。まだ月影丸の開花が始まっていないので、そんなに頑張って開花し無くてもいいのですが、気温が高いことも有り、一気に開花し始めました。このままでは先に花が終わってしまうかもしれませんねぇ?!ただ今シーズンはかなり花芽が上がって来ていますので、最後の数輪には間に合ってくれと信じておきましょう!!!

今日も真夏日となりベランダは32度台まで上がりました。1ヶ月早く夏が来たせいで、帝玉の古葉の縮みが例年より1ヶ月早くなっていますので、この夏本番は要注意です!今日は8号レツーサ丼を分解しました。サボテン播種用の培養土を用意しました。

今日のこよみ
日の出    04:49
日の入    18:59
月の出    02:24
月の入    14:46
正午月齢   25.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!

白花黄紫勲、日輪玉播種

18日に紫勲系(シクンケイ)の白花黄紫勲(シロバナキシクン Lithops lesliei subsp.lesliei var.lesliei 'Albinica' C036A)を植え替えた時に採種した種子をカプセルから取り出しました。画像はクリックすると大きくなります。

白花黄紫勲、日輪玉播種

すると先日採種した日輪玉よりかなり大きいと思ったので、日輪玉の種子を保存ケースから取りだして比較すると白花黄紫勲が大きいと言うより日輪玉の種子がかなり小さいと言った感じでした。そこで日輪玉の種子が未熟な可能性も出て来たので、白花黄紫勲と日輪玉を一緒に播種することにしました。左が1/3が白花黄紫勲で右側が日輪玉です。サムネイルではさすがに分かりませんが、拡大画像だと白花黄紫勲はかなりの数の種子が確認出来ますが、日輪玉はほとんど出来ません。まあ水を吸い上げればもう少し大きくはなると思いますが、発芽してくれるでしょうか?今回の播種床は新しいサボテン培養土そのままです。新しいサボテン培養土は粒子がかなり細かいので、リトープスならそのままでもいけるのでは思っています。鉢はカップ麺の発砲容器を2重にして使っています。内側の容器には穴を開けて水を吸い上げられるようにしています。そして外側の容器に水を張って腰水で湿度を保ちます。ただしサボテンの様に蓋をしたりはしません。また置き場所は直射光下に置きます。リトープスや帝玉は水さえ切らさなければ発芽直後の苗でも真夏の直射光下でもまったく問題ありませんので、管理は大変楽です!さて日輪玉は発芽してくれるでしょうか??

気温もかなり高くなってきているので、サボテンもそろそろ播種しても良さそうです。今年は月宮殿、内裏玉、ラウシーは絶対に発芽させたいですねぇ!実生金洋丸、月影丸もそろそろ植え替えた方が良さそうです。

今日も気温が上がり、ベランダは33度台まで上がっていました。水大好きのヒメリンゴなどは朝夕2回の水やりです。桃美人の鉢を門柱から落下させ長い茎が3本折れてしまいました。今年は結実させたかったのですが、残念ですが花芽は切りました。

今日のこよみ
日の出    04:49
日の入    18:58
月の出    01:47
月の入    13:42
正午月齢   24.6
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ  にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
記事が参考になったり、面白かったらボタンのクリックをお願いします。
あなたのクリックが励みになります!!!
プロフィール

comet

Author:comet
京都在住です。
サボテン、リトープスなどのメセン、アロエや草花などいろんな植物を栽培中です!培養液栽培などもおこなっています!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
フリーエリア